2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月30日 (火)

梅雨明けの花

梅雨明けを待っていた?花達・・・☀


20190730-b

20190730-b_20190730145401

一番夏の到来を感じさせてくれる花!



20190730-b_20190730145402

マンリョウ、花を見るのは初めてかな?



20190730-b_20190730145403

ヤブラン、咲き始めはこんな色をしてるんだ!

今までは、この色しか記憶になかった・・・



◆2019-8-11  朝顔の色違いが咲いたので追加

20190811b



20190811c



20190811a



◆ 2019-8-23   朝顔の色違いを追加

20190823_20190824125801


20190824 















2019年7月28日 (日)

散歩中の写真

朝の散歩の時にお参りしている神社の境内で・・・


20190726-1a


20190726-3a

クチナシの花・・・、実物を間近で見るのは初めて、清楚な花だ  カラオケで最初に歌ったのは、この題名だったような・・・!?



林道で・・・・

20190525-a

20190725-a_20190727193801

エゴノキの花(ピンボケ)と実



20190725-2

アキノタムラソウ(多分)



今年見つけ、来シーズンの収穫が楽しみな山菜

20190523-udoa

ヤマウド



20190726-a

タラノメ








2019年7月26日 (金)

誕 生!

朝の散歩に出掛けようとして、ふ!と前日の釣行で使い干しておいたランディングネットに目をやると、蝉の抜け殻が付いていた!

20190725-a

昨夜のうちに此処で脱皮したのかなと思いながら散歩に出かける。


散歩から帰ってきて家に入ろうとしていたら、一緒に帰ってきた相方の「これ脱皮した蝉じゃない!」という声が聞こえ、塀の所へ行ってみると草に留まってジ!としている蝉が居た!

20190725-a_20190726130101


蝉の抜け殻を見かけるのは珍しいことではないが、脱皮した蝉も一緒に見かけるのは初めての体験で一寸感動した👀


折角なので抜け殻を持ってきて、記念に両方一緒のショットを残しておくことにする

20190725-a_20190726130102


今日は何かいいことありそな予感







2019年7月22日 (月)

遭 遇(@_@)

朝の散歩中の出来事・・・


2019


山の麓ではあるが人家のある道路でウリ坊に遭遇しビックリした~👀



20190715-kesiki1

最近は山での食料が不足しているようで、夜間に山の麓の公園や農道脇にウリ坊が土中のミミズなどを食べるために、土を掘り返した痕跡を結構見かけるようになっていた。

ただ、朝の散歩に出かけるころには山へ帰っている筈なのでバッティングすることは無いと思っていた。


ところが、先日は両側に人家が並んでいる道路を歩いていて何かの気配を感じたのでフ!と前方を見ると、人家の隣の畑から余り大きくないがウリ坊が道路に出てくるのが見え、その場に固まってしまった😵


幸いにも距離が離れていたので此方には気が付かなかったようで、道路の前方の山のほうへ向かって歩いていき、10m位先の橋の袂から山の中へ入っていった。


一緒に歩いていた相方と暫く様子を見ていたが、戻っては来なさそうなので散歩を続けることにしたが、想定外の出来事で緊張した~








2019年7月18日 (木)

久振りの青空の下で(7/17)

梅雨空の合間に久し振りに広がった青空の下で、釣りを楽しんできた

20190717-kesiki2


場所は最近のホームエリアの此処・・・

20190717-kesiki1


先行者は3人と空いていたので、道路側のセンターの水車近くに陣取る。

魚は殆どが浮き気味で、水面を走るようにライズしている奴もチラホラ見られたので、まずはスプーンの表層引きで探ってみる。

バイトはあるのだがルアーを弾くようなアタックが多く、なかなかフッキングしない状態が続いたのでクランクに変更。


表層用のクランクを数種試してみるが、スプーンの時と同じでフレンチキス状態のバイトで弾かれてしまっていたが、プチモカSR-SSにようやくヒット!

20190717-masu1

が、2連チャンしたした後は続かず。


様子を見ているとライズが増えてきたのでトップ用プラグを投入、デカミッツ・ポコポコクラピーではバイトはあるものの弾かれてしまっているので、小さめのホッピンバグに換えてみるとこれが正解でプチ連チャンを楽しむことが出来た

20190717-masu2


トップが落ち着いてからは場所をアウトレットに移動して、表層をバービーのーF, ーSSでカラーも換えながら探ってみると、ーSSのFM1が当たりでプチ連チャンをすることが出来た



考えてみるとここの所スプーンが不調なので、余り投入していないスリムタイプのMesh 1.1gを試してみると、これが当たりで久し振りにスプーンでの連チャンを楽しむことが出来た~

20190717-masu3


途中で最近好調であったパニクラDR を投入してみたが、今回は魚が表層を意識していたようでボトムは音沙汰がなかった





ロッド : エリアバム 56XXUL-S

リール: 12カーディフ CI4+ C2000SS

ライン: Armored S アジ・メバル 0.2号、 リーダー: SVGナイロン 4LB


ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 60UL

リール: 12 カーディフ CI4+ C2000HGS

ライン: Armored S  0.2号、   リーダー : SVGナイロン 4LB



<ヒットルアー>

20190717-hitlure

ヒットの殆どが写真上段の、バービーSS、Mesh 1.1g、ホッピンバグであった!





2019年7月12日 (金)

印象に残った風景

印象に残った風景!


20190712_20190712141903

ノカンゾウ



20190712

ヒメヒオウギズイセン



20190712_20190712141901

ムギセンノウ




20190712_20190712141902

八王子の伝統芸能「車人形」をデザインした、マンホールの蓋








2019年7月 6日 (土)

ちょい釣り(7/5)

20190705-kesiki

午後から此処へちょい釣りへ・・・

管釣りでのこの時期での釣りは初めてで良く分からないので、まずはアウトレットでスプーン、クランクを試してみるが全く反応がないので、場所移動。


水車のある中央付近で、流れを横切らせながらプチモカ SR-SSで探ってみると、ようやく2連チャン!

でも其のあとが続かないので中層~をグラスホッパーSP を通してみると、これも2連チャン!

それ以降は反応が無くなったのでボトム狙いにシフトしパニクラDRを投入すると、これが正解でプチ連チャンを楽しむことが出来た


20190705-masu





ロッド : エリアバム 56XXUL-S

リール: 12カーディフ CI4+ C2000SS

ライン: Armored S アジ・メバル 0.2号 リーダー: SVGナイロン 4LB


ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 60UL

リール: 12 カーディフ CI4+ C2000HGS

ライン: Armored S  0.2号、   リーダー : SVGナイロン 4LB



<ヒットルアー>

20190705-hitlure

<パニクラDR>   写真左端 タッキーブラウンは今日も快調であった❗










2019年7月 3日 (水)

散歩コースの山野草

朝の散歩コースの林道沿いで目を楽しませてくれている山野草

 

<ホタルブクロ>

20190703_20190703134202


<オカトラノオ>

20190703

一つ一つの花が可憐で綺麗なのが印象的である!

20190705-2




<ヤマアジサイ>

20190703_20190703134201

(先日、アップの画像を載せたが、今回は全体像を載せてみた!)










2019年7月 1日 (月)

梅雨空の清涼剤

久しく太陽が顔を見せない梅雨空が続いているが、庭の紫陽花が一服の清涼剤として目を楽しませてくれている

(花の世話は相方がやっている!)


20190611-2

<ダンスパーティー> 2012年の母の日にプレゼントし、その後庭に植え替えたのが大きくなって大輪の花を付けるようになり、目を楽しませてくれている!

プレゼントした当時は、こんな感じであった!

2012mdaypre_20190701134501

写真中央がダンスパーティー、両端は子供たちがプレゼントした花!




20170701

<アナベル>



20190701_20190701135401



20190701

<ガクアジサイ>


下は林道沿いに咲いていた紫陽花で、額の色が白であった。

20190627-1










« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »