2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月26日 (木)

久しぶりの浅川国際

FISH UP 秋川湖へ行く予定をしていたが休みだったので、久しぶりに浅川国際へ行って見る。


20171026_kesiki


何時もは平日だと多くても2~3人くらいしか居ないのだが、今日はフライマンが2人とルアーマンが5~6人と多賑わいであった。


比較的空いていたセンターの噴水の下流側へ陣取り開始。


魚は全体的に浮き気味であったが久しぶりなので、まずはスプーンでレンジサーチをしてみるが全く魚信が無いのでクランクにチェンジ。


フローティング⇒シンキング⇒ボトム用とローテーションしながら探ってみるが、どれにもポツリ、ポツリとヒットはしてくるものの連発は余り無く、パターンが全く掴めず悶絶状態が続いた釣行であったcoldsweats01



20171026_masu


途中でデカマスがヒットしたが、ドラグを締め気味にしてやり取りし、手元まで寄せてきたところでラインブレイク(リーダーとの結束部のすっぽ抜けかも?)と散々shock

最後は集中力が切れてきたので、ULロッドで軽量スプーン(1g以下)のキャステイングフィーリングを試してみる。


従来はXULやSULで投げていたが、ULでもキャスティングに関しては全く違和感が無く、飛距離はかえって出る感じで、従来時々起きていたライントラブルも無かった。

ただ、ヒットからランディング時のフィーリングは、今回はヒットが無かったので感じを掴むことは出来なかった。



対岸で爆釣していたフライマンが隣にきても相変わらず連発していたので、どんなフライを使っているか見せてもらうと、お風呂マットの材料を切り取って自作した物を使っているとかで、身の周りにある物をフライのマテリアルに活用したアイデアと、それを釣果に結びつけるテクニックに感心してしまった!





ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 602SUL

リール: 12 カーディフ CI4+  C2000HGS

ライン: シルバースレッド PEⅡ  0.2号、     リーダー  : SVGナイロン 4LB 


ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 602UL

リール: 12 Vanquish  C2000HGS

ライン: Armored S トラウト  0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB



<ヒットルアー>


20171026_hitlure











2017年10月18日 (水)

FF中津川 part 3

20181018_kesiki


今日は、10/22, 29と大会があるのでプラにきている人が多いのか、平日に係わらず何時もと比べ意外と人が多かったが、比較的空いていた噴水下流の左岸側中央付近に陣取り始める。


魚は浮き気味であったので前回フックアウトの多かったつぶあん35Fのフック#10を#8に替えた効果を確認してみると、効果はてき面でフックアウトは殆ど無くなった!


もうひとつのホッピンバグは、前回バイトはあるがヒットが少なかったので、フックをクラッチフックに換え、テール側フックは内向きにしてみた効果を確認してみる。

一投目で早速ヒットし、オ!良さそうだなと思うが以降は前回と余り変わらない状態だったので、次回はテール側フックを仕様通りの外向きにして試してみよう。


今日も全体的には魚は浮き気味で表層付近での反応が良く、表層用のクランクとプラグがヒット数全体の2/3を占めた。


特にクランクを、ロッドを立て気味にして引いてくるやり方に反応が良かったsign01



20171018_masu1


ヒット数の多かった、つぶあん35F(クリアー)と、




20171018_masu3


バービーSS(ハムスター)





ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 602SUL

リール: 12 カーディフ CI4+  C2000SS

ライン: シルバースレッド PEⅡ  0.2号、     リーダー  : SVGナイロン 4LB 


ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 602UL

リール: 12 Vanquish  C2000HGS

ライン: シルバースレッド PEⅡ  0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB



<ヒットルアー>


20171018_hitlure


写真上段がヒット数の2/3を占めた表層系のクランクとプラグ













2017年10月14日 (土)

居着きカエル近況

20171010_kaeru6a_2


先日、2匹になった居着きカエル(1号、2号と命名!)、翌日観察に行って見ると右側の2号がかなり1号に接近し、まるで秋波を送っている感じ!


もしかしたらカップル誕生かsign02 と思ったが、翌日からは2号の姿が見えなくなり、上手くいかなかったようであったheart03


1号は以前は移動はしていたが、終日壁にへばりついて冬sleepyに入ってしまったのか?という状態であった。


が、ここ数日は午前中は出掛けているようで姿が見えず、午後になると帰宅して壁に張り付いている。


ようやく本来の冬眠に備えての捕食活動を始めたのかな?




2017年10月11日 (水)

FF中津川 part 2

20171011_kesiki1


FF中津川 part 2、 結構空いていたので左岸側噴水上流の真ん中辺りへ陣取る。



20171011_kesiki2


早速、準備を整え開始。


魚が浮き気味なので、つぶあん35Fのフックがラインを拾う影響を少なくするために、#8から#10に換えてみた影響を試してみる。


ヒットは結構あったが、フックアウトしてしまうケースが5割位あり、やはり#8の方が確実にフックオン出来そうなので戻すことにする。


そうこうしている内に、インストラクターの高田さんが見えたので、新たに手に入れた”ホッピンバグ”の使い方のレクチャーをお願いする。


教えて頂いたやり方でやってみると、バイトが結構あり目からウロコであったが、クリアな水質の影響もあってかフレンチキスのバイトが多くヒットしたのは3尾位であったが、反応のさせ方はある程度掴めたので今後が楽しみである!


その他にもドラグの締め具合や、ラインとリーダーの結束方法などを教えて頂き勉強になった(高田さん、お忙しい所ありがとうございました)。



20171011_masu2


9月上旬ころの陽気とのことで、暖かいせいか表層付近での反応が良く、デカミッツDryやバービーSS(FM1)への反応が良く、トップウォーターゲームが楽しめたsign01



20171011_masu1_2


スプーンはインレット付近での反応が良く、Factor 1.8g セカンドイエローで連ちゃんすることが出来たscissors


スプーンのロッドとの相性は、今日のところはULよりSULアクションの方が良かった。






ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 602SUL

リール: 12 カーディフ CI4+  C2000SS

ライン: Armored F+ P  0.1号、     リーダー  : SVGナイロン 4LB 


ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 602UL

リール: 12 Vanquish  C2000HGS

ライン: シルバースレッド PEⅡ  0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB



<ヒットルアー>


20171011_hitlure













2017年10月 9日 (月)

居着きカエルが増えた!?

今日、家に居着いたアマガエルの観察をしていたら何ともう一匹増えていたeye


20171008_kaeru3


写真左側のは前から居着いている奴と思われるが、右側の赤丸内にもう一匹発見!




20171008_kaeru4


これは前から居着いていると思われる奴で、昨日より結構場所を移動していた。




20171008_kaeru5


これは赤丸内の新たに増えた奴で、かなり灰色っぽい体色をしていた。

アマガエルは、周囲の環境に合わせて緑色、茶色、灰褐色など色々と体色を変える事が出来るようなので、壁の色に合わせて保護色に変えているのかな sign02










2017年10月 7日 (土)

家に居着いたアマガエル

8月中旬頃から家の壁などの何箇所かを点々としながら居着いているアマガエルが居る。


20171007_kaeru2


本来ならばこの季節は冬眠に備えて餌を捕食している時期なのに、家の壁の何箇所かを点々と移動しながら、既に冬眠に入ったような状態で壁に張り付いてジッとして動かず居着いている。


時々、玄関のドアに張り付いて朝、ドアを開けた瞬間にオシッコを放ちながら跳んで行ったり、外の水道近くの椿の木から肩の上に落ちてきたりしてビックリさせられる事もあるeye




まるで新たな我が家のペットになったようで、毎日今日は何処にいるのかなと楽しみにしているsign01






2017年10月 5日 (木)

エリアフィッシング開幕 (10/4)

20171004_kesiki1


開幕戦はホームエリアへ、道中は予報に反し到着するまで雨で参ったな~と車を走らせるが、事務所で釣り券を購入する頃には上がりホ!とする。

左岸側はほぼ満員状態であったが、空いていたアウトレット付近に陣取りスタート。


様子を見てみると対岸側でやっているフライの人たちへの反応が良さそうなので、スプーンの表層引きで始めるが反応が良くないのでクランクに換えてみる。


これが正解でトップウォーター用プラグやクランクで連ちゃんすることが出来た、一番活躍したのはエルフィンシケイダーHi-Fであったsign01


20171004_masu1




魚が沈み気味になってきてからは、つぶあん 35SP、デラムーチョ Fが当りルアーで、水質が少しマッディーのためか派手目のカラーへの反応が良かった!


20171004_masu2


20171004_masu3



ボトム付近は余り反応が良くなかったが、唯一連ちゃん出来たのはDSベビーバイブであった。



今季の新戦力としてボトム用や掛けの釣り用として、ULアクションのロッドを追加。


20170906_60ul2


トラウトワンエリアスペシャル 60UL、

ボトムバンプをやる時や、掛けてヒットさせる時のフィーリングはなかなか良く、今までSULで使っていたクランク類でも使ってみたが、キャスティング・合わせ共に特に違和感がなく、戦力になりそうである!


今回出番の少なかったスプーンでの、SULとULのルアー重量等による使い分けは今後試して行くつもり。




ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 602SUL

リール: 12 カーディフ CI4+  C2000SS

ライン: Armored F+ P  0.1号、     リーダー  : SVGナイロン 4LB 


ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 602UL

リール: 12 Vanquish  C2000HGS

ライン: シルバースレッド PEⅡ  0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB



<ヒットルアー>


20171004_hitlure








« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »