2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 最近の釣行 | トップページ | 釣行スタイル衣替え »

2015年6月17日 (水)

タックルバランス

今日は、バイト・ヒット時の合わせと、ESNS-411ULのライン(ナイロン or PE)との組み合わせとバレの関連、の確認を主体的にやってみる。


バイト・ヒット時の合わせについては今更ながらであるが、意識的にしっかり合わせをやることにより、フッキング率は大分向上した。


ラインとの組み合わせについては、ナイロンラインの方が取り込み中のバレが大分少なかった。


他メーカーの製品に比べて硬めのESNS-411ULのラインとの相性は、今日の範囲ではナイロンの方が勝っていた。

当面は、ナイロンラインとの組み合わせを主体に使ってみる積りであるが、ルアー飛距離・ライントラブルについては、PEの方が勝っており悩ましい所である。



昨夜の雨で水量やや増のささ濁りで渓魚の活性は多少上がっており、飽きない程度にバイト・ヒットがあり、ヒレピンの綺麗なヤマメも姿を見せてくれた


20150617_yamamea






<ヒットルアー>     スプーン    2.2g、 2.5g、 3.5g

                                                
                      (フックはシングルバーブレス)



天気 : 曇り    水温 : ℃ ()   水質 : ささ濁り


ロッド  : ESNS-411UL

リール:  12 Vanquish   C2000HGS

ライン :  ナイロン 4LB、  リーダー : フロロ 4LB

      シルバースレッド PEⅡ  0.4号、  リーダー: ナイロン 4LB 

« 最近の釣行 | トップページ | 釣行スタイル衣替え »

コメント

綺麗なヤマメがでましたね!
ロッドとラインの関係、おもしろそうですね。
ラインなどを色々と変えてみるのも楽しそう!

SAMUさん、こんにちわ
久しぶりにまともなヤマメに出逢えました
タックル確認も面白いですが、テクニックも磨かねばと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タックルバランス:

« 最近の釣行 | トップページ | 釣行スタイル衣替え »