2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月24日 (水)

渓流 ラストラン

渓流(ヤマメ、イワナ)の今季最終釣行へ。


20140924_kesiki1


丹波へ向かうが、入りたかった場所は私の出立時間では又もや入れず(シーズン終了間際は無理だよね)、さらに上流の今季初めての場所へ。


厳しかったが、何とか綺麗なイワナに出逢うことが出来た!


20140924_iwana1b


20140924_iwanap


入渓時にミノーで探って反応が無かったポイントだが、復路で対岸の木の下にスピナーを打ち込み探ってみたらヒットしてきた。

バイブルにしている飯田さんの著書に、「魚の反応が無いときは、魚が居ないのではなく、自分の探り方が悪いのだと思い工夫するのが上達のコツ!」という一節があったが、それを実感した瞬間であった~。



最後は、この人が締めくくりをしてくれた(小菅)。


20140924_masub


秋色ヤマメ~とはいかなかったが、野生化した尺上レインボーで、秋色?のレッドバンドも綺麗だったので、良し!とすることで渓流シーズンの釣り納めとする



10月からは、タマガ~でマス釣りを楽しむ積り!




<ヒットルアー>    AR-S  2.1g   RSBK  (a)

                           バフェット S43  パールヤマメ  (p)   

           
                                (フックはシングルバーブレス)



天気 : 晴れ⇒曇り    水温 : ℃ ()   水質 : クリアー


ロッド  : ERNS-56L

リール:  12 Vanquish   C2000HGS

ライン :  DUEL  X8  PE  0.6 号、  リーダー : フロロ 6LB

2014年9月18日 (木)

丹波へ (9/17)

丹波へ

入りたかったエリアには既に先行車が、仕方ないので来る途中で車の居なかった親川へ。

川への下降路の上下流と支流を探ってみる。

親川は何事もなし。 

支流は、狙ったポイントの小場所で小振りのイワナがヒットしたのと、二段堰堤の一段目を飛び越えようとジャンプしたイワナ(多分)に (゚0゚) した、位が出来ごとであった。


次回に期待~。



<ヒットルアー>   バフェット S43  ゴールドグリーンヤマメ  (a)   

           
                                (フックはシングルバーブレス)


天気 : 曇り    水温 : ℃ ()   水質 : クリアー


ロッド  : ERNS-53UL/T5

リール:  12 カーディフ CI4+   C2000HGS

ライン :  ダブルクロス  PE  0.6 号、  リーダー : フロロ 6LB

2014年9月10日 (水)

秋色

小菅のネイティブエリア(放流のない天然魚のみのエリア)へ。

20140910_kesiki1


今冬の大雪の影響か、倒木が川を覆っている所が数か所あった。

20140910_kesiki2


そんな中、秋色に染まったヤマメに出逢えました

20140910_yamame1c


此処は居るでしょ!という大場所では殆ど反応が無く、一寸した小場所での反応が多く、このヤマメもこんなポイントから出てきた。

20140910_yamame1p



久しぶりに綺麗なヤマメに出逢え、気持ちが良かった~



前回の釣行で水没させてしまったデジカメ、除湿剤で乾燥させたら幸運にも蘇生し、今日使ってみたが特に問題なく撮影でき一安心!!





<ヒットルアー>   バフェット S43  ゴールドグリーンヤマメ  (a)   

             AX-50S   ミヤベイワナ (p)   


                                (フックはシングルバーブレス)


天気 : 曇り    水温 : 15℃ (朝一)   水質 : クリアー


ロッド  : ERNS-53UL/T5

リール:  12 カーディフ CI4+   C2000HGS

ライン :  シルバースレッド  PE  0.4 号、  リーダー : フロロ 4LB

2014年9月 3日 (水)

リベンジ & アクシデント

前々回、川への新たな下降路を開拓した奥多摩支流のエリアに朝一から入渓。


20140903_kesiki2


前々日の雨の影響か予想していたより水嵩が多く、瀬は白泡混じりの流れが多く、瀬脇の緩やかな流れと岩際を狙いながら遡行をする。


瀬脇では反応が無かったが、やや濁りも入っていた事もあってか、岩際からイワナが幾つか姿を見せてくれた。


20140903_iwanap


その中の一尾は、前回の釣行で上の写真左側の大石下からチェイスがあったポイントで、右側からルアーを石下に流し込み探ってみると一投目でヒット~!



20140903_iwanaa


今日一のヒレピンの結構いい型のイワナであった

前回と同じ奴かは分からないが、リベンジ成功~の気分であった



水嵩が多くて遡行には十分注意していたが、脱渓路に辿り着く最後の川通しを両足を踏ん張って渡り終えてホ!として気が緩んだか、川岸の大岩際の水深のある水溜まりを下を向いて歩いていたら、岩の出っ張りにおでこをぶっつけて水の中に尻もち。

下半身とショルダーバッグが水没~、カメラが動作不良となってしまった~

(SDカードはセーフであった)

取敢えず帰宅途中で除湿剤を買い込み、プラケースの中にカメラを一緒に入れて様子をみているが・・・・、何とか再生して欲しい!?


<水没デジカメのその後: 2014-9-5>

2014090520140905_2
釣行の帰りにホームセンターで靴用の除湿剤を購入し、ジップロック付きのポリ袋に、電池収納部やケーブル接続口の蓋を開けたカメラと、抜いた電池を一緒に入れて乾燥を開始した。



今日(9/5)、試しに動作をさせたら順調に動き出し、ディスプレイもちゃんと表示をするので、試し撮りをしパソコンで確認したらきちんと写っていた。


全部の機能を確認した訳ではないが、取りあえず撮影は出来るので、一応復活~ということでホッ!とした





<ヒットルアー>  RYUKI 45S   ピンクヤマメ,     AX-50HW  カスケードグリーン   


                                (フックはシングルバーブレス)


天気 : 曇り    水温 :  ()   水質 : やや濁り


ロッド  : ERNS-53UL/T5

リール:  12 カーディフ CI4+   C2000HGS

ライン :  シルバースレッド  PE  0.4 号、  リーダー : フロロ 4LB

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »