2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月20日 (金)

小菅へ

20140620_kesiki1

丹波の入りたかったエリアには先行車が2台も居たので、小菅のネイティブ区間の第3堰堤エリアへ入渓。


平常時に比べるとまだ水量多く・水勢強く、慎重に遡行する。 前回入渓時は反応が無かったように記憶しているが、今回はチェイス・バイトが何回かあり、小型ながらヒレピンのイワナをキャッチすることが出来た。

20140620_iwana1



午後はC&Rの上流域へ。 こちらも水量はまだ多く笹濁りの良いコンディションであった。

しかし、時間が時間なので反応は今一で、ようやくヒットさせてもバラシてしまうなど苦戦したが、落ち込みに続く大場所でようやく比較的良型のイワナをキャッチすることが出来た。

20140620_iwana2p


20140620_iwana2



帰路は集中豪雨に見舞われたが、車で走り出して少ししてからだったので助かった~。




<ヒットルアー>  AX-50S アカキン (a)、 カスケードグリーン (p)

                         
 
      
                                             (フックはシングルバーブレス)




天気 : 晴れ   水温 : ℃ ()   水質 : ささ濁り



ロッド  : ERNS-53UL/T5 (修理に出したら免責額支払いで、新品が返ってきた)

リール:  12 カーディフ CI4+ C2000HGS

ライン :  シルバースレッド  PE  0.4 号、  リーダー : フロロ 4LB

2014年6月13日 (金)

雨後の丹波

昨日までの大雨で奥多摩は、まだ釣りになりそうにないので丹波へ行って見る。

道中、梅ケ谷峠は大雨の影響で土砂崩れがあったらしく、通行止めになっていた。

まずは親川を覗いてみると、濁りはさほどではなかったが、水かさ多く流れは激しく釣りは厳しそう、それではと支流へ行って見るとこちらも激流状態で一寸無理そう!

20140613_kesiki3


本流は上流方面も激流状態で無理そうなので、可能性のありそうなメロディー橋付近に行って見る。

20140613_kesiki1

ここも、水量・水勢共に通常時より多かったが、何とかなりそうなコンディションであった。


流れの比較的緩やかな場所をミノーでクロス~ダウンクロスで探っていくと、小型ではあったが、ヒレピンのヤマメやイワナが姿を見せてくれた!

20140613_yamame


20140613_iwana



その内、暑くなってきたので釣りは一旦止めにし、頼まれていた蕗を採りに行く。

例年に比べると少ない感じであったが、2か所ほど回ったらそれなりの量になった。

20140613_fuki



午後は小菅C&Rの下流部へ行って見る。 梅雨入り前に比べるとウグイの産卵も一段落した影響もあってか、反応が少し良くなってきた感じがした。


そろそろ帰ろうかなと思っていた時に声を掛けられ、誰かなと思って振り向くとSAMUさんであった。

久しぶりに会ったので、暫し話をしてから帰路につく。




<ヒットルアー>  RYUKI 45S  ライムチャートヤマメ OB (a)

                          AX-50HW  アバロンアクアマリン (a)

                          AR-S  3.5g  RSYL、 バフェット S43  ゴールドグリーンヤマメ (p)
 
      
                                             (フックはシングルバーブレス)




天気 : 晴れ   水温 : ℃ ()   水質 : ささ濁り



ロッド  : ERNS-56L

リール:  12 Vanquish C2000HGS

ライン :  DUEL X8  PE  0.6 号、  リーダー : フロロ 6LB

2014年6月 9日 (月)

山菜ハイキング part3

梅雨の合間をぬって野イチゴ狩りへ。

何時もは涸れている谷底の沢の水音が林道からも良く聞こえ、前日までの雨量が結構な量であったことをうかがわせた。

林道には落石も転がっていたので、足場の悪い所以外の場所にあるのを探す。

蛇イチゴは良く目についたが、食べられる野イチゴは今冬の大雪や、ここのところの不順な陽気のせいか余り目につかず、例年に比べるとかなり少ない量の収穫であった。



20140609_kusa_2

クサイチゴ、少ない中でもこれが一番収穫量が多かった。
新しいポイントも何箇所か見つかり、来年以降への楽しみが増えた。



20140609_kuro

クロイチゴ、今回はこれに照準を合わせて行く時期を決めたが、何と肝心のポイントが伐採事業の煽りを受けて、きれいに木が無くなってしまっていた

なんとか近くの山肌に木が見つかったので、泥だらけになりながら斜面をよじ登り、ある程度の量が確保できた~



20140609_momizi

モミジイチゴ、これは伐採事業で木そのものが減ってしまい、時期も遅かったので、ほんの気持ちだけの量であった。



帰ってから早速、ジャムにして旬の食感(プチプチ感)と味を楽しんだ

帰宅して少しして土砂降りの雨となり、その面ではツイテいた!

2014年6月 4日 (水)

奥多摩本流巡り

奥多摩本流巡り。

ミノーは、アユカラーを主体に使ってみる。

チビのライズとチェイスは結構あったが、まともなサイズのチェイスは、AX-50HW  マットアユへの一回のみ。 これは、次の一投でバイトさせる事に成功したが、合わせが上手くいかずバレてしまう。


久しぶりに早起きし、最初のポイントでは一番乗りであったが、今シーズン熱いと言われている多摩川も、今日の私には冷たかった~(多分、攻め方が合っていなかっただけだろうが・・・・)。


ま、キャス練だけは充分に出来たので、また再チャレンジとしましょう・・・・




<ヒットルアー>  
                            
                                             (フックはシングルバーブレス)




天気 : 晴れ   水温 : ℃ ()   水質 : クリアー



ロッド  : ERNS-56L

リール:  12 Vanquish C2000HGS

ライン :  DUEL X8  PE  0.6 号、  リーダー : フロロ 6LB

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »