2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« マス釣り part2 | トップページ | 浅川国際鱒釣り場 »

2013年10月21日 (月)

マス釣り part3

奥多摩本流へ。

まず、和田橋へ行って見る。

20131021_masup・・・

先日の台風で羽村の堰がまた壊れ、設備保護のために発電所から40tの放水をしているとかで、橋の少し下流側は河原が無くなってしまっている水量であった。

それでも、始めて直ぐ岸よりの緩やかな流れを探っているとチェイスがある。

立ち位置を変えて同じポイントをダウンで探るとヒット!・・・

・・・
20131021_masu・・・
7寸クラスの本命であった。・・・

・・・
1回の表に先制点が入った気分で、幸先良し!と橋の上下流の緩やかな流れを探ったり、対岸の弛み等へ渓流では普段やらないオーバーハンドキャストで遠投して、流芯を横切らせて探って見たりするが、その後は音沙汰なしで隅一で終わってしまった。

視界に入る範囲に餌師が4~5人居たが、見ていた時には竿を撓らせている釣り人は居なかった。

途中で一人の餌師に話を聞いてみたが、放流された魚は何処へ行ってしまったか、全然ダメと言っていた。・・・

・・・
何とか”ボ”は免れ、このエリアでは初めての釣果なので、取敢えずは良しとする・・

・・・

・・・
午後からは川井の堰堤に行って見る。

丁度、釣り人が上がってきたので様子を聞いてみると、生命反応が無かったらしい。・・

・・・
折角来たので、堰堤の下流側を暫く探ってみるが、やはり音沙汰なしであった。

その内、ライントラブルに見舞われ暫く格闘するが、スプール軸にラインがガッチリと絡まっていて手に負えないので納竿~とする。・・・

・・・

帰路に近所のルアーshopに寄り診て貰うと、専用工具を使って一部部品を外し、無事に直してもらえた。・・・

・・・

・・・
  ロッド : ERNS-56L 

  リール: 12ヴァンキッシュ  C2000HGS

 ライン: DUEL X8  PE 0,6号、  リーダー: 8LB

 ヒットルアー: MARSHAL  3.5g  赤金

« マス釣り part2 | トップページ | 浅川国際鱒釣り場 »

コメント

行ってますね!
写真を見ると、かなり水位が高くなっているようですが、
やはり、ニジくんにはスプーンでしょうか。

SAMUさん、どうもです
週後半はまた台風が来そうなので、行ってきました。
水量は、もう一寸落ちついた方がやり易いですね。
小菅のニジは、この時期はスプーンが効きそうな感じはしてます。
奥多摩は、昨シーズンはミノーでも釣れたので、どうなんでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マス釣り part3:

« マス釣り part2 | トップページ | 浅川国際鱒釣り場 »