2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 丹波・小菅へ | トップページ | 雨中の釣り »

2013年7月17日 (水)

ヤマメの個体差

午前中のみ、近場の里川上流域へ探索に行ってみる。

20130717_kesiki120130717_kesiki5最初の内は、写真左のような平瀬が多かったが、その内に岩場に囲まれた写真右のような渓相になってきて、プチ山岳渓流のような雰囲気が味わえた。・・・

・・・

・・・
ヒットしたのは小型のヤマメだけであったが、以前釣れた写真をみて、釣友から「お腹の斑点が無いですね」と言われていたので、今回釣れた何尾かを比較してみる。・・

・・・
確かに個体差が認められた。 これは他の川のヤマメと同じような個体。

20130717_yamame2b・・・

・・・
これは、お腹の斑点が殆ど無い個体、この川特有の個体なのかな~、それとも?

20130717_yamame3b・・・

・・・
今まで、ヤマメの個体差は余り気に留めていなかったが、これから一寸気を付けて見てみよう。・・・

・・・
20130717_lineラインカラーについては、ステータスゴールド、オレンジ、ライトグリーン系を使ってみて、ライトグリーン系が一番視認性が良かったが、それでも夕マズメになると見えにくくなってしまう(ト○のせいかな?)ので、白を試してみる事にする。

今回は夕マズメの確認は出来なかったが、うす暗い場所でも見えたので、暫く使って見る事にする。・・・

・・・

・・・
<ヒットルアー>  MIU 2.2g アカキン (a)

                                         (フックは全てシングルバーブレス)

・・・
天気 : 曇り、   気温 : ℃()、 水温 : ℃()

ロッド  : ERNS-53UL/T5

リール:  12 Vanquish C2000HGS (スプール:11バイオマスター C2000HGS)

ライン :  DUEL HARDCORE X-EIGHT  PE 0.6号、  リーダー : フロロ 8LB 

« 丹波・小菅へ | トップページ | 雨中の釣り »

コメント

おなかの斑点や背中の黒点の数が違うと、
ずいぶん渓魚の印象がかわりますね。
でも、近場で釣りができるのは素晴らしいです。

SAMUさん、こんばんわ
ヤマメ個体、先日コメント頂いたので今回、早速確認してみました。
この川の下流域は餌釣りを始めた頃、マス釣りに行っていましたが上流域は行って
なく、小型ながら綺麗なヤマメが釣れる事が分かり、渓相も含め楽しめそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマメの個体差:

« 丹波・小菅へ | トップページ | 雨中の釣り »