2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月18日 (木)

奥多摩本流マス釣り 1017

20121017_kesiki1今回は、初めての場所へ行って見る。

渓相、景色共に良い所で、今の水量だと遡行も楽に出来、他の釣り人も居なく、のんびりと楽しむことが出来た。・・・

・・・

先日、小菅漁協・アンリパ共催のトラウトミーティングのスクールで、飯田さんが見せてくれたキャスティング、トゥイッチングを、みっちりとトレーニングしてみる。

本命のマスは”ボ”で、意に反してヒットしたのは本命外であった(5ヒット、内2バラシ)。

20121017_yamame4_2その中の9寸クラスのは、綺麗~な秋色に染まったヒレピン、鼻曲がりの恰好のいい奴であった。 

折角出逢えたので、素早く記念撮影だけさせて貰い、川へ戻してやった。

・・・
<ヒットルアー> トラウトチューン HW イワナ 
                  (シングルバーブレスフック Gamakatsu 60BL  #7への交換版)

   トラウトミーティングのお土産に頂いた、セブンディグリー 50EXH のシングルフックへ
   の交換を、飯田さんに質問して教えて貰った方法で、フック交換後、シンカーで交換前
   と重量が同じになるように調整したのをテストしてみる。

   交換前後の動きの差は良くは分からないが、一尾がヒットしたので多分大丈夫そう。
   なので、暫くはこれで使ってみる事にする。・・・

・・・・
   トラウトミーティングと一緒に開催されたハンドクラフト展で購入した、soraさんミノーと
   shinichiさんシャッドも一寸使ってみる。

   ハンドメイドルアーは初めてなので、早く使い方をマスターし、来シーズンの渓流で
   使ってみるのが楽しみである。
 

 

 

 

 

2012年10月 8日 (月)

でた~、奥多摩ワイルドレインボー!

20121008_kesiki1今日は最近、ルアーフィッシングを始めた息子の誘いで、予定外の久しぶりの休日釣行に出掛ける。

所がこれが幸運を呼び、奥多摩のワイルドレインボーに出逢うことが出来た!・・・

・・・
まずは前回、放流マスが良く釣れたキャンプ場付近へ案内をする。

最初に、前回ヒットが多かった淵を交互に探ってみるが音沙汰が無く、淵の上流側と下流側に分かれて釣行。

下流側を暫く探ってみるが反応が無く、上流側へ行って見ると息子がまだやっていたので、再度先程の淵をミノーを変えて探ってみると、ガツン!という魚信。

オ!来た~と合わせをすると、いきなり水面上に魚がジャンプ! な、なんと、今まで見たこともない巨体! その後、大きくしなったロッドが動かなくなってしまう。

さっきのジャンプでバレテ、根掛りかなと思うがロッドにテンションを掛けていると、モゾモゾと動き出す。

よし!バレテいないと大声で息子を呼び寄せファイト開始!

ドラグを鳴らして満月のように撓ったロッドを、バレルなよと!念じながらドラグの調整等しながら暫しやり取りしていると、ようやく水面下に魚影が見えてくる。

途端に息子の「デケ~~」の叫び声! お互いに興奮しながら、ネットを息子に渡しランディングを頼むが、とても入りきらない大きさなので、ゆっくりと岸辺に引き寄せ、尻尾のみネットに入れかき上げて貰う。

20121008_masu鰭丸なので放流物と思われその上、可也なメタボな奴であったが、手計測で50cmはあると思われるワイルドレインボーであった!

奥多摩モンスターと言いたいが、魚体が一寸残念~であった。・・・

・・・
が、しかし、我が釣り人生で一番の大物で、息子と二人でやったね~と、テンション上がりまくりであった ・・・

・・・
午後からは、小菅の冬季マス釣り場へ案内し、息子は此処で漁協のKさんのアドバイスで、スプーンの色を地味目に換えてから爆釣し、二人してサイズ・数に恵まれ、お互い目出度し、目出度し~で帰路につく。・・・

・・・・
<ヒットルアー> RUKI 50S 赤腹ヤマメ (シングルバーブレスフック/PL-51BL #8への交換版)

                         AR-S スピナー 3.5g  RSBK、  MIU 2.8g  ブラウン赤ラメ  

2012年10月 4日 (木)

奥多摩本流マス釣り 1003

ヤマメ・岩魚のシーズンが終わったので、マス釣りは年内一杯出来る奥多摩本流巡りに出掛ける。

20121003_kesiki2氷川キャンプ場~寸庭橋の間を3か所程回ってみる。

台風による増水、多少残っている濁りと曇天、日曜にされた放流、と良い条件が揃っていたせいか魚の活性は高く、チェイス・バイトが多くあった。

ヒットも結構あり(相変わらずバラシも多かったが)、型物は出なかったがそれなりに楽しむことが出来た。・・・

・・・
今回はスピナーは使わずにミノーのみでやってみる。

まずは、「PINK+シルバー系は、濁りの入った時、曇天、マズメ時の高活性なトラウトに強烈にアピールできます」との宣伝文句を何処かで見たことがあったので、RYUKI 45S ピンクヤマメをチョイスしてみる。

これが大当たりで他のミノーも使ってみたが、ヒットしたのは殆どがこれであった。

他にヒットのあったルアーは、RYUKI 45S DMオレンジパープルバックRBであった。

(フックはシングルバーブレス/VANFOOK PL-51BL #8 へ変更)・・・

・・・
このミノーは娘にプレゼントに貰ったもので、シーズン中は入魂出来ずにいたので早速、魚の写真入りでメールを出しておく。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »