2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

New Rod 入魂!?

先日、購入したNew Rodの入魂釣行No.2 (前回のNo.1釣行は”ボ”でした)。

購入したNew Rodは、アンリバのPALMS  ELUA  Egeria NATIVE   ERNS-56L。

20120824rod2
Imgp2186今までは、アブのTroutin Marquis BORON テレスコモデル TMBS-556ULを使っていたが、ULアクションなのでミノーイングには柔らかい感じなので、LアクションのRODが欲しくなり購入した。・・・

・・・

・・・

まずは、C&R区間でキャスティングとミノーイングを試してみる。

キャスティングのフィーリングは、TMBS-556ULと余り変わらない感じであった。

ミノーイングはLアクションだけあって、トゥイッチングのアクションがルアーにしっかりと伝わる感じであった。

又、スピナーを使った時、糸撚れでRODの先端にラインが絡むが、RODの先端を下にして振ってやると直ぐに外れ、これはTMBSより扱いやすそう(2ピース目のガイドが小さいせいかな)。

暑さのせいか魚の反応は鈍かったが、日陰の瀬の肩に定位していてミノー(RUKI 50S ヤマメカラー)にチェイスしてくる奴が居て、喰わせのタイミングポーズを意識しながらトゥイッチをしていると、ついにバイトさせる事が出来た(合わせが悪くバレテしまったが・・・)。・・

・・・
20120829kesiki320120829kesiki1ROD操作のフィーリングが掴めたので上流域へネイティブを狙いに行って見る。・・・

・・・

・・・
時間的にはマズメ時を外しているせいか、腕のせいか、走る魚影は時々見られたが、チェイスはなく通らずの堰堤迄来てしまい、Uターンしてミノーだけでなくスピナーも使いながらダウンクロスで釣り下がる。

20120829iwana220120829yamame2_2本来の目的のミノーではなく、スピナーでのヒットであったが、小さいサイズながらヤマメ2尾とイワナ2尾を上げる事が出来、余り満足ではないが取りあえずプチ入魂は出来た・・

・・・

Lアクションだと食い込みを弾き易いかなと思ったが、小さいサイズばかりであったので何とも言えないが一応、バイトした奴は全部取り込めたので、余り問題なさそうかな?

今度は本来の目的のミノーで、まともなサイズの奴で本入魂といきたいものである・・

・・
<ヒットルアー> AR-S スピナー 2g RSBK

2012年8月18日 (土)

小菅・丹波川釣行記 0817

朝一で前回入れなかった小菅のエリアへ。

期待をして遡行を開始するが、お盆休み中のプレッシャーが残っているのか、思ったほど魚影は濃くなく、ニジマスとチビヤマメが姿を見せたのみであった。

でも、澄んだ空気の中で気持ち良い釣行が楽しめた。・・・

・・・
20120817kesiki120120817kesiki220120817masu20120817yamame・・・

・・・

・・・

・・・
20120817kesiki3_220120817kesiki4昼食は暑さを避けて、木陰と二段堰堤のミストシャワーで涼しい丹波の支流へ移動して摂る。

昨年の台風で埋まってしまった二段堰堤下流の小堰堤は、復旧工事のお陰で多少魚が居着けるような感じに回復していて、これからが楽しみである。・・・

・・・
支流との出合い付近の本流の瀬は、減水で渡渉可能になっていたので、久しぶりに下流側の深瀬や淵を探ってみるが音沙汰はなかった。・・・

・・・
コーヒーブレイク後、小菅の金風呂へ行くと雨が降ってきてしまうが、車の中で雨宿りをしていると小降りになってきたので少しやってみる。

しかし、反応が無いので車に戻ると朝一の入退渓時に行き会い、一寸話をした若いルアーマンに又会ったので少し話をする。

そして帰り支度を始めていると、今度は猛烈な土砂降りとなり、いいタイミングで納竿したな~と帰路につく。・・・

・・・
<ヒットルアー> AR-S スピナー 2g   RSYL,   3.5g  RSBK

<バイトがあったルアー> Doctor ミノー 5FS   黒金

2012年8月 8日 (水)

小菅川釣行記

朝一で小菅C&Rの上流域へ向かうが、既に先行車が居たのでやむなく下流域へ行く。

釣り人が数人居たが最下流より大成沢出会いまでを釣行。 今日は日差しが無かったので結構、快適に遡行が出来た。 釣果はマスとウグイであった。・・・

・・・
午後からは再度、上流域へ行って見る。 先行車は既に居なくなっていたので、前回は行けなかった玉川との出合い付近まで行って見ることにする。

途中で、下流から遡行してきたとFFマンに行き会う。 挨拶をして少し話をすると、新玉川橋から遡行してきたとの事で、人が余り入っていなかったようで、マスや岩魚が上がったと言っていた。・・・

・・
20120808kesiki120120808kesiki2FFマンと別れてから玉川との出合いまで行って見ると結構、渓相が良くよさげなポイントが連続していた。・・・

・・・

先行者が居たせいかどうかは分からないが、今回はチェイスとフレンチキスのバイトのみであった。 渓相が気に入ったので、今度は朝一で入渓してみようと思う。・・・

・・・
<ヒットルアー> AR-S スピナー 3.5g  RSBK

2012年8月 1日 (水)

小菅川釣行記

小菅C&Rへトレーニングへ、金風呂へ9時一寸前に到着、先行車は5台位、前回より見える範囲での釣り人は多かった。

午前中は、最下流部から駐車スペース付近の、日陰と空いている場所を見つけながら釣行。

放流日から大分日が経っているので、C&Rとはいえ何時もの厳しい状態に戻っていた。

バイトは6回、内ヒットしたのが5回、マス2尾、ウグイ2尾、魚種不明1尾であった。

この内、ランディングまで成功したのはマスとウグイ各一尾で、成功率は40%と相変わらず低かった。

ルアーはAR-Sスピナーとミノーを使うが、久しぶりにミノーへのヒットがあった。

あと、初めての経験であったが、ミノーが水面に落ちるか落ちないかの時に、ジャンプ一番バイトしてきた奴がいて少々ビックリした。・・・

・・・
午後は暑くなってきたので、支流への入渓路を探しに行って見る。 二か所程見つかったが、渓相が余り魅力的でなかったので釣行は止めにする。・・・

・・・
ということで、新玉川橋エリアへ行って見る。

ここでは、ヒットが一回あったが相変わらずのバラシ病で、魚種は不明。

後は瀬と巻き返しのある大場所で、盛んにチェイスしてくる数尾の魚影があり、ルアーをとっかえひっかえしてトライしてみるが、ついにバイトにまで持ち込むことが出来なかった。

結構な良型の魚影も見えたので、残念であった~
(おまけにエースルアーのAR-S スピナー RSBKを根掛りでロストしてしまった・・・

・・・
コーヒーブレイク後、大成沢出合いより入渓。

夕マズメを期待していたが、ヒットしたのはチビヤマメのみであった。・・・

・・・
<ヒットルアー> AR-S スピナー 3.5g  RSBK,   Doctor ミノー 5S  レーザーアユ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »