2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 小菅川釣行記 | トップページ | 尺上レインボー祭り »

2012年7月19日 (木)

避暑釣行 0718

涼しい所で釣りを楽しもうと、何時ものC&R区間の上流域へ向かう。

漁協のブログで紹介していた入渓路4ヶ所の内、一番堰堤は先日釣行したので、今回は次の場所をと行って見るが既に先行車が居たので、三番堰堤に向かう。

所が途中から林道がかなりダートになり、運転に集中しているうちに白糸の滝の看板が見えてきて、三番堰堤だけでなく次の入渓路も通り過ごしてしまったようである。

此処まで来たのだからと車を走らせると、雄滝への山道がある場所まで行きつく。

そこからもまだ車で行けそうだったが、登りもきつそうなのでここで引き返す。・・・

・・・
復路は運転にも余裕が出来、まず三番堰堤の奥の入渓路が見つかり、入ってみるかと支度をしていると、アブやらスズメバチが纏わりついてきてヤバそうなので止めにし、三番堰堤への入渓路を探す。

今度はしっかりと見つかり川へ降りる。・・・

・・・・
20120718kesiki1_520120718kesiki3_5降りた場所は平瀬で平凡であったが、上流へ行くにつれて渓相が良くなり、底石の多い瀬や落ち込み、岩盤際の深瀬等が続いていた。・・・

・・・

20120718kesiki4最後は二段堰堤が現れ遡行不能となり、此処で引き返す。

魚影はそんなに濃くなかったが時折チェイスが見られたり、走り去る魚影が見えたりしたが、残念ながらバイトまでには至らなかった。

避暑をしながらの釣行には最適で渓観も良く、手強い天然魚も居そうなので腕試しにまた訪れてみたいと思う。・・・

・・・・

・・・
午後からはC&Rへと思っていたが、雷鳴とともに雨が降ってきてしまったので帰路につくが、奥多摩に差し掛かるころには上がったので支流へ寄ってみる。・・・

・・・
20120718kesiki5往路での本流の御岳付近は濁りが入っていたが、此方は水量は平時より大分多いも笹濁り。 ルアーにはいいかなと思うが、チェイスも無かったので此処で納竿とする。

« 小菅川釣行記 | トップページ | 尺上レインボー祭り »

コメント

暑い日が続くと ルアーもだんだん厳しくなりますね。
こんなときは木の葉のトンネルの下での釣りがいいですね。
私は、明日でかける予定ですが、フライロッドも持って行こうかと。

SAMUさん、どうもです、
釣果も欲しいですが、こう暑いと涼しさの中でヒトンチッドを
浴びているだけで癒されます。
この陽気では、フライもいいかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 避暑釣行 0718:

« 小菅川釣行記 | トップページ | 尺上レインボー祭り »