2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月25日 (水)

尺上レインボー祭り

ここの所、まともな魚に出逢っていないので、可能性の高い小菅C&Rへ。

これが大正解で、放流日が近かったというタイミングの良さもあって、尺上レインボー祭りを楽しむ事が出来た~・・・

・・・
20120725point最下流部に到着したのが8:30頃、先行車は4台。 既にピーカンの天気でどうかなと思うが、魚も暑さを避けて日陰にいるだろうと木の覆いかぶさったポイントを、この時期は虫に興味を示すだろうと、スピナーでアップでリトリーブして行く。・・・

・・・

思惑通り数投目でヒット、しかもデカイ! 

そして、ルアーを始めて初めてのドラグの鳴る音が! ロッドを絞ってリールを巻くが右に左に走られ、なかなか寄ってこない。

ドラグが弱そうなので少し強めに調節しやり取りし、ようやく寄ってきてランディングネットを差し出すが、又もや走られてしまい再度ドラグを締め、やっとの思いでランディングに成功する。

20120725masu4a20120725masu3_235cmは有りそうなニジマスというよりは、レインボーと呼ぶに相応しい、体高のある虹バンドの綺麗な、精悍な顔つきの奴であった。・・・

・・・

・・・
その後、同じような数か所のポイントで同じ位の奴がもう4尾上がり、ルアーフィッシングの醍醐味を十二分に味わうことが出来た (本命で無かったのが多少残念だが・・・)。・・・

・・・
何時もはバラシが多いのに、こんな大物に限って今回は全てランディングに成功し、色々考えずに夢中でやり取りしたのが良かったのかな~?

それとも放流されたばかりで余りスレテなく、図体も大きく動きも今一だったのかな・・?・・

・・・
午後からは、雷鳴とともに土砂降りとなり、残念ながら納竿とする。・・・

・・・

・・・
<ヒットルアー> AR-S スピナー 3.5g RSBK,   MEGR・・・

・・・
           上記ルアーは、残念ながら2個ともロストしてしまう

 

2012年7月19日 (木)

避暑釣行 0718

涼しい所で釣りを楽しもうと、何時ものC&R区間の上流域へ向かう。

漁協のブログで紹介していた入渓路4ヶ所の内、一番堰堤は先日釣行したので、今回は次の場所をと行って見るが既に先行車が居たので、三番堰堤に向かう。

所が途中から林道がかなりダートになり、運転に集中しているうちに白糸の滝の看板が見えてきて、三番堰堤だけでなく次の入渓路も通り過ごしてしまったようである。

此処まで来たのだからと車を走らせると、雄滝への山道がある場所まで行きつく。

そこからもまだ車で行けそうだったが、登りもきつそうなのでここで引き返す。・・・

・・・
復路は運転にも余裕が出来、まず三番堰堤の奥の入渓路が見つかり、入ってみるかと支度をしていると、アブやらスズメバチが纏わりついてきてヤバそうなので止めにし、三番堰堤への入渓路を探す。

今度はしっかりと見つかり川へ降りる。・・・

・・・・
20120718kesiki1_520120718kesiki3_5降りた場所は平瀬で平凡であったが、上流へ行くにつれて渓相が良くなり、底石の多い瀬や落ち込み、岩盤際の深瀬等が続いていた。・・・

・・・

20120718kesiki4最後は二段堰堤が現れ遡行不能となり、此処で引き返す。

魚影はそんなに濃くなかったが時折チェイスが見られたり、走り去る魚影が見えたりしたが、残念ながらバイトまでには至らなかった。

避暑をしながらの釣行には最適で渓観も良く、手強い天然魚も居そうなので腕試しにまた訪れてみたいと思う。・・・

・・・・

・・・
午後からはC&Rへと思っていたが、雷鳴とともに雨が降ってきてしまったので帰路につくが、奥多摩に差し掛かるころには上がったので支流へ寄ってみる。・・・

・・・
20120718kesiki5往路での本流の御岳付近は濁りが入っていたが、此方は水量は平時より大分多いも笹濁り。 ルアーにはいいかなと思うが、チェイスも無かったので此処で納竿とする。

2012年7月11日 (水)

小菅川釣行記

小菅川のC&R区間と一般区間へ釣行。

C&Rの最下流部へは8:30頃到着したが、既に日差しが強く日陰以外ではとても釣りが出来る状態でなく、ポイント探索というより日陰を探しての釣行となる・・・。・・・

・・・
午前中は、最下流部より釣り上がっていく。

日陰になっている岩盤際や瀬を中心に探っていく。 魚影は確認できてチェイスもあったが、バイトまではなかなか至らず、あってもショートバイトが多く、ヒットしたのはチビヤマメ・
ニジマス・ウグイが各一尾であった。・・・

車に戻り昼食を食べている時に、居合わせたFFマンに聞いてみると、瀬でドライフライで尺を頭に5尾位ニジマスが上がったとの事なので、探り方も余り良くなかったかも知れないな。・・・

・・・
午後は日陰が多そうな新規ポイントということで、まずC&Rの最上流部へ行って見る。

時々、魚影が見えチェイスも確認できたが、バイトはアップクロスに投げたミノーに一回のみ。 結構ガツンときていいサイズのように見えたが、残念ながらバレテしまった。・・

・・・
次は橋の上流の一般区間へ行って見る。 両岸が高く日差しが入らず涼しくて良かったが、平瀬が多くポイントは少なかった。 最後の大場所でサイドから引いたHDミノーにガツンとバイトがあったが、不意をつかれた感じで合わせが遅れ、又もやバレテしまった。・・・

暫く粘るが音沙汰が無くなり、疲れで集中力も切れてきたので納竿とする。・・・

・・・

<ヒットルアー> AR-S スピナー  3.5g   RSBK、 2.0g  MCB

                         バイトがあったルアー: Doctor ミノー 緑金、 AR-HDミノー 赤金・・

・・・

今回は3個もルアーをロストしてしまった。 一寸痛いが、色々な探り方をした学習代かな・・・。

    * AR-S スピナー  3.5g    RSBK、RSYL、 Doctor ミノー 緑金

2012年7月 4日 (水)

丹波川・小菅川釣行記

丹波川の今まで入ったことのない場所へ、入渓路を探しながら行って見る。 道が途中で行き止まりになっていたりして、なかなか入渓路が見つからなかったが、散歩中のおじいさんや家から出てきたおばあさんに尋ねたりして、ようやく川へ辿り着く。・・・

・・・
所々に深瀬や淵がありなかなか良い渓相であったが、ピーカンの天気のせいか、魚影が薄いのか(腕のせいか?)、バイトが2回あっただけであった。・・・

Mino
昼食を済ませてから少し大きめの淵で、飯田さん流のスパイラルキャストとフェザーリングのトレーニングをしたり、チューニングシンカーでHWに改造したミノーのスイムテストをしたりする。・・・

・・・
トレーニングを済ませてから小菅CRへ、大成沢出合いから入渓。

水量は平水であったが、多少笹濁り気味であった。

少し上流側の瀬の障害物付近でスピナーにチェイスがあったので、ミノーに換えてみるが音沙汰が無いので、HDミノーに換えてみるとヒット!

レギュラーサイズの鱒であったが、やり取りの最中にバレテしまう。・・・

・・・
その後、暫く上流へ遡行するが音沙汰が無くなったので、下降路付近へ戻る。・・・

16時ごろになり瀬に出てくる魚影が目立つようになり、これはチャンスと濁りに効くスピナーをキャストしていると、レギュラーサイズとチビのヤマメがヒット!・・・

チビはランディングに成功したが、レギュラーサイズの奴は又もやバラシ~・・・

そんな訳で今回はお魚の写真は無しで納竿。・・・

・・・
<ヒットルアー> HDミノー 赤金、 AR-S スピナー 3.5g  RSYL

                         バイトのあったルアー: AR-S スピナー 3.5g  RSYL
                           Doctor ミノー 5FS グリ金

 

 

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »