2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 丹波・小菅釣行記 0608 | トップページ | 丹波・小菅川釣行記 »

2012年6月13日 (水)

奥多摩支流釣行記

20120613kesiki1昨日の雨で多少、魚の活性が上がっているかなと期待して奥多摩支流へ行って見る。
が、走った魚影を確認できたのが2回、チェイスが1回のみと又もや鱒族の姿を見る事が出来ず撃沈~・・・

・・・

街道入口から2km位行った所が崖崩れの修復工事中で、上流へは行けないので下流域へ行って見るが、路肩に停まっている車の数が半端無くやっぱり皆、考える事は一緒で下流域へ入渓しているかと、やむなくさらに下流へ戻る。・・・

・・・
下降出来そうな場所が見つかったので木に掴まり、足を踏ん張りながら降りて行って見るが、途中で絶壁になってしまい、あえなく撤退~。・・・

・・・
丹波へ行こうかとも思うが、所用があって早めに帰らなくてはいけないので、さっきの車の大部分はもしかしたら工事の車?とも思い、もう一度先程の所へ戻り川へ降りてみる。

しかし、川辺で食事をしている人が居て駄目かなと思うが、聞いてみると鉄砲で狩猟に来ている猟師さんであった。 釣り人は見かけたか聞いてみると、誰にも会っていないとの返事。

街道に停まっている車の話をすると、崖崩れ個所の先の集落の人たちの車との事。
勤めに出ている人は、駐車場所まで歩かなければならず、大変な思いをしているらしい。

早く回復してほしいものである。・・・

・・・
釣果の方は前述した通りであるが、その他にルアーをキャストしリトリーブしていると、スナップのみが戻ってきて、ルアーがスナップから外れてしまっているのが2回あった。

ルアーを交換するときに、スナップの留め金が閉まっているのを確認をしたつもりなので、水中で石にぶつかったり水圧を受けたりして、スナップの留め金があいてしまったのだろうか?

何か狐につままれたような気分であった Σ(゚□゚(゚□゚*)。・・・

・・・
そんなこんなで、労多くして実りなく、痛手(ルアーロスト)も被った釣行であった。

次回に期待・・・。

« 丹波・小菅釣行記 0608 | トップページ | 丹波・小菅川釣行記 »

コメント

Kentさん、こんばんは、
通行止め、たくさんの駐車車両、そしてルアーのロストは、痛いですね。雨で活性が上がる日もあるでしょうから、次に期待でがんばって(楽しんで)ください。

SAMUさん、こんにちわ、
余りお魚の姿に出逢えず、さすがにテンションが気味の
釣行でした。
魚の活性にアピール出来るレーン・レンジ探査やルアーアクションを
工夫し、次回以降も楽しみたいと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩支流釣行記:

« 丹波・小菅釣行記 0608 | トップページ | 丹波・小菅川釣行記 »