2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月29日 (金)

丹波川釣行記

丹波川へ、親川は先行車が居たのでキャンプ場の上流部へ。
キャンプ場前から遡行するのはシンドイので、さらに上流側の入渓路を探し川へ降りる。

20120629kesiki水量はまだ平水より多い感じであったが濁りは無く雰囲気は良かった。
が、出足が遅れていて、その上ピーカンの天気で一寸厳しいかなと思うが、瀬の中の沈み石周りや対岸の岩盤際を主体に探っていく。・・・

・・・

・・・
20120629iwana220120629iwanap_2最初はチビヤマメが上がっただけであったが、小滝が落ちて日陰になっている岩盤際にスピナーを引くと、ギラ!と反応する魚影が見える。 居るな!とミノーに換えてみるが反応が無いので再度、スピナーに換えてみるとヒット!

慎重に取り込んでみると、23cmのピンシャンの綺麗~なイワナであった・・・

・・・
その後もヒットするのはチビヤマメばかりであったが、大石に囲まれた流れの弛みにスピナーを通すと突然、大きな魚影がユラ!と出てくるが目の前でUターンしてしまう。

居た!~とルアーをとっかえひっかえ通してみるが、二度と現れては呉れなかった
大物は一度目が勝負・・・を実感させられる。・・・

・・・
15時頃、親川へ行って見ると車が居なくなっていたので川へ降りてみる。

瀬や岩盤際の淵などを探ってみるが、ヒットしてきたのはチビヤマメだけであったので納竿とする。

・・・

<ヒットルアー> AR-S スピナー 3.5g   RSBK, RSYL・・・

・・・
 最初の場所の脱渓時に斜面を登っている時に、腰に挿していたテレスコロッドの穂先が折れてしまう

2012年6月24日 (日)

丹波・小菅川釣行記

今週は、平日の釣行可能日が台風の影響で出掛けられなかったので、久しぶりの休日釣行に出掛ける。

丹波本流の3か所を回ってみるが、まだ水量は大分多く、瀬は白泡渦巻く流れが多くて、ルアー初心者には太刀打ち出来ず、チビヤマメと5寸程のイワナが姿を見せてくれただけであった。・・

・・・
14時頃に小菅C&Rへ移動。

20120624yamameここは大分流れが落ち着いてきていてルアーもコントロール出来、久しぶりにそれなりのヤマメが姿を見せてくれた。・・・

・・・・

・・・

<ヒットルアー> AR-S スピナー RSYL

2012年6月13日 (水)

奥多摩支流釣行記

20120613kesiki1昨日の雨で多少、魚の活性が上がっているかなと期待して奥多摩支流へ行って見る。
が、走った魚影を確認できたのが2回、チェイスが1回のみと又もや鱒族の姿を見る事が出来ず撃沈~・・・

・・・

街道入口から2km位行った所が崖崩れの修復工事中で、上流へは行けないので下流域へ行って見るが、路肩に停まっている車の数が半端無くやっぱり皆、考える事は一緒で下流域へ入渓しているかと、やむなくさらに下流へ戻る。・・・

・・・
下降出来そうな場所が見つかったので木に掴まり、足を踏ん張りながら降りて行って見るが、途中で絶壁になってしまい、あえなく撤退~。・・・

・・・
丹波へ行こうかとも思うが、所用があって早めに帰らなくてはいけないので、さっきの車の大部分はもしかしたら工事の車?とも思い、もう一度先程の所へ戻り川へ降りてみる。

しかし、川辺で食事をしている人が居て駄目かなと思うが、聞いてみると鉄砲で狩猟に来ている猟師さんであった。 釣り人は見かけたか聞いてみると、誰にも会っていないとの返事。

街道に停まっている車の話をすると、崖崩れ個所の先の集落の人たちの車との事。
勤めに出ている人は、駐車場所まで歩かなければならず、大変な思いをしているらしい。

早く回復してほしいものである。・・・

・・・
釣果の方は前述した通りであるが、その他にルアーをキャストしリトリーブしていると、スナップのみが戻ってきて、ルアーがスナップから外れてしまっているのが2回あった。

ルアーを交換するときに、スナップの留め金が閉まっているのを確認をしたつもりなので、水中で石にぶつかったり水圧を受けたりして、スナップの留め金があいてしまったのだろうか?

何か狐につままれたような気分であった Σ(゚□゚(゚□゚*)。・・・

・・・
そんなこんなで、労多くして実りなく、痛手(ルアーロスト)も被った釣行であった。

次回に期待・・・。

2012年6月 9日 (土)

丹波・小菅釣行記 0608

20120608tabaルアーフィッシングを始めようと思い立ったのは、餌釣りをやっていた時に竿が届かない絶好のポイントを探れたらな~と思った事が度々あったからだ。
今日は、そんなポイントの一つである丹波の淵へ行って見る。・・・

・・・

20120608geta釣りスタイルは、気候も大分暖かくなってきたので、ゲータースタイルにしてみる。
ゲーターは今シーズンに備えて購入した、montbellのネオプレンレッグガードである。・・・

・・・
早速、目的の淵へ向かってみると、水量が大分減っているせいで川床まで丸見え。
底石も余り無く一寸期待薄だなと思いながら始めて見るが、やはり何の音沙汰も無かった。

それでは、もうひとつ奥の淵へ渡渉出来るかなと、淵の中心の底が盛り上がっている個所を慎重に渡渉し始めるが、半分位行ったところで水深が腰近くまでになり、ゲータースタイルでは下着まで濡れてしまいそうなので引き返す。・・・

・・・
ゲータースタイルでの遡行では、泳いで突破する人もいるみたいだが、そこまでは無理だし下着まで濡れると後が気持ち悪いので、次回はウェダーで挑戦してみようかな・・・。

・・・
その後、下流側へ遡行してみるが魚影が一回確認出来ただけで、チェイス・バイトは無く、おまけに茶色い苔の付いた石が多く、渡渉中に滑ってこけてしまい、お尻を石に打ち付けいまだに痛い w(゚o゚)w

ロッドとリールも手をついて水没させてしまったが、特に問題はなく何よりであった~ ・・・

・・・・
・・・・
午後は小菅CRへ、爆釣~~! でも写真はな~し、釣れたのがウ・ウ・の連続だったため、ヤマメはルアーと余り変わらないサイズのみ。

でも数釣りが出来たので、課題のヒット~ランディング迄の良いトレーニングになったのが今日の収穫でした・・・。

2012年6月 2日 (土)

山菜ハイキング part.3 0601

朝のウォーキングコースにある野イチゴが赤い実を付けてきたので、地元の林道へかみさんと野イチゴ狩りに出掛ける。 午後から寒気の影響で不安定な天気との予報なので、何時もより早めに出発。・・・

・・・
050601Itikumi_2

今回の収穫予定は、クサイチゴ(左)とモミジイチゴ(右)。

・・・・・

まずはモミジイチゴのポイントへ向かうが、うん?全く姿がみえない。 では、クサイチゴはと林道脇を見て行くが、これも採り頃の赤く熟した実はチラホラあるだけ。

多少予想してはいたが、やはり季節外れの寒気の影響による不順な天候の影響で、発育が大分悪いよう。・・・

・・・
何時ものポイントと、例年は行かない奥の方まで行って見るが、クサイチゴは例年の30%位、モミジイチゴは手のひら一杯位の収穫量であった ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~・・・

・・・
自然が相手の収穫だから仕方ないな~と、でもジャムにする位の量は採れたので良しとしよう~と、見晴らし台で昼食を摂り帰宅。・・・

・・・
・・・
ジャムにしてみると、それなりの量になり早速、今日の昼食のパンに付けて、旬の味とプチプチの食感を楽しんだ

 
 

2012年6月 1日 (金)

桂川 初釣行 0531

今回は、以前から行きたいと思っていた桂川を、ブログで知り合ったSAMUさんに案内して頂いた。・・・

・・・
20120531_sasago1
大月ICで下りて最初に釣行した支流。 二つの入渓場所を案内して頂いた。

・・・

・・・
20120531ootuki_3午後からは本流へ、大月付近のポイントで釣行してから、強瀬等のポイントを案内してもらう。・・・

・・・

・・・
20120531uenoharaその後、四方津方面のポイントへ連れて行って頂き、夕マズメまで釣行する。 どのポイントも駐車スペースがあり入川し易そうな場所で、良い所を教えて頂いた。・・・

・・・

・・・
ルアー初心者で、本流の探り方もまだ良く分からない私に、桂はビギナーズラックを与えてはくれなかったが、SAMUさんの本流の探り方や、ルアーフィッシングのテクニックを見学することができ色々と参考になった。・・・

・・・
今までは単独釣行であり、コラボ釣行は初めての経験であったが、楽しい釣行気分を味わう事が出来た・・・

・・・ 

車の都合がつかなかった私のために車に同乗させて頂き、自宅付近迄の送迎までもして頂き本当にありがとうございました。・・・

機会があったら又、ご一緒しましょうね・・・

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »