2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月25日 (金)

奥多摩本流

20120525kesiki奥多摩本流探訪へ、最初に入った場所ではバイトが一回あったのみであった。

他の場所にも行く予定であったが、途中から雨が降ってきてしまい撤収。

前回は寒さで、今回は雨と本流は一寸ついていない(続ける根性が無いだけですが)。

2012年5月16日 (水)

小菅川釣行記

久しぶりに奥多摩支流へ行って見るが、まだ水量が多く白泡が渦巻いていてポイントが限られ、今のルアーの技量ではピンポイントを探るのは難しそうであった。

それでは丹波か小菅の上流部へと思うが、どうも体調が思わしくないので、のんびり釣行出来そうな小菅のC&R区間へ向かう。・・・

・・・

こちらも水量は平時の2倍程で、上流の支流の工事の影響で多少濁りが入っていたが、釣りにならない程ではないので、無理をせずに渡渉出来る範囲を探っていく。

瀬の中でもチェイス、バイトは結構あり、瀬の肩や瀬芯で数回ヒットしたが、相変わらずルアーだけが戻ってきてしまった。

どうも、流速のある所でヒットしたときの合わせ・取り込みが上手くいかん ・・・

・・・・

取り込みに成功したのは、流れの緩やかな深瀬と瀬尻でヒットした、7寸弱のマスと8寸越えのウ様だけであった。・・・

・・・・

<ヒットルアー> AR-Sスピナー 3.5g  RSYL, RSBK・・・

・・・

釣果の割には、ルアーを根掛りで2個 (AR-S RSYL, RSFR) もロストしてしまい、一寸ショックであった。 

2012年5月11日 (金)

小菅・丹波川釣行記

丹波親川へ行って見るが先行車が3台もいたので、後で来ることにし小菅に行き先変更。

まずはC&R区間へ、大成沢出合い上下流と金風呂~水量計間を釣行してみる。

20120511yamamep水量はまだ大分多くて瀬は難しそうなので、流れの緩やかな瀬脇や淵を中心に探っていく。
増水後のパラダイスとまでは行かなかったが魚の活性は高く、チェイス・バイトが結構あった。

全部捕獲していればツ抜け~しそうであったが、フッキングしても首を振られてフックアウトしたり、瀬芯に走られてバレたり等が多かった

20120511yamame
それでも、7~8寸のヤマメ、7寸程のイワナ各1尾と、今が旬?のウ様数尾はランディング迄成功した   。・・・

・・・

・・・
次は上流部探索に向かい、第1堰堤から入渓してみる。

堰堤直下は、水量が多く白泡だらけで残念ながら釣りにならず、上流側へ遡行する。

20120511kesiki120120511kesiki2渓相は良かったが生物反応はなかった。 しかし、遡行不注意により走り去る魚影もあったので、魚は居そうであった。

昼食を摂っていたら黒雲が広がってきたので、用心のために川から上がり親川へ向かう。・・・

・・・
期待していた支流の2段堰堤は残念ながら空振りだったので、親川との出合いへ行って見る。 橋の上から見た瀬は穏やかな流れに見えたが、渡渉を始めると結構押しの強い流れで水深もあり、一寸ヤバそうなので川通しは止める。

出合い付近の巻き返し等を探っていると、尺クラスを頭に3尾のヒットがあったが、又もや今が旬の婚姻色に染まったウ~様でした・・・ ・・・

・・・
<ヒットルアー> AR-Sスピナー 3,5g RSYL, RSFR, RSBK

その他、バイトがあったルアー: Doctor ミノー 5FS 黒金

・・・
エース級ルアー、AR-Sスピナー 3,5g RSYL をロストしてしまう、補充しなくては。                                            

2012年5月 5日 (土)

山菜ハイキング part2

20120505udoa久しぶりのゴールデンウィークの青空のもと、今日の山菜採りのメインターゲットはヤマウド。

まずは最初のポイントへ、今年もしっかりと育った姿を見せてくれ、型の良いのが4本採れた。

次はさらに林道を登ったポイントへ、こちらは今年の寒気が長引いた不順な天候のせいか、本数はまずまずであったが、育ちは何時ものアベレージサイズには達していなかった。

それでも、他の場所も含めて12本の収穫となった。・・・

・・・
<ヤマフキ> 昨年、見つけたポイントに今回も群生していて、同行のかみさんとそれぞれ、スーパーの買い物袋一杯の収穫が出来た。・・・

・・・
<ミズナ> ウドを採ったポイント、見晴らし台近くのポイント、昨年から目に付くようになったポイント等で、それなりの量を確保。・・・

・・・
<イタドリ> 殆ど育ちすぎであったが、所々に残っていた食べごろの奴だけを収穫。・・・

・・・
<ヤマミツバ> 前回は小さくて今回に期待していたが、不順な天候の影響か育ちも色合いも今一の物が多く、何時もに比べて量は余り採れなかった。・・・

・・・
それでも全体の量としてはかなりの収穫となり、ザックへの収納量は往路に比べて復路の方が多くなり、肩にずっしりと来たが心地よい重さではあった ・・・

・・・
20120505syaga1a

山野草は、写真のシャガや山シャクヤクなどが、新緑に染まった山々と共に目を楽しませてくれた。・・・

・・・

・・・

・・・・

・・・・
夕食にて早速、ヤマウドは酢味噌和え、ヤマミツバ・ミズナはお浸し、イタドリは塩もみにし、片手に旬の香りと味を楽しんだ

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »