2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月25日 (水)

小菅川釣行記

小菅C&R区間へ9:30に到着、先行車は既に10台位、見える範囲ではフライマンが多かった。

金風呂の最下流から釣行開始。 気温の上昇に伴い魚の活性は高くライズも数多く見られ、産卵のために奥多摩湖より遡上してきたウグイの魚影は特に濃かった。

ルアーも良く追うようになり、チェイス、バイトは今までになく活発で、ルアーフィッシングの醍醐味を味わうことが出来た。

午前中はウグイの追いが多かったが、濁りが入ってきた午後からは岩魚の活性が上がり、良い思いをすることが出来た。

・・・
20120425iwana3_2 20120425iwana3p_4まずは岩魚、瀬の肩、瀬の岸際をダウンクロスやダウンで探るとバイトがあり、写真の9寸強を筆頭に3尾キャッチすることが出来た 。 

9寸強を上げた瀬では、その後も続けてもう2尾フッキングしたが、これはジャンプ等されてバレテしまった。・・・

・・・
20120425masu 20120425masupマスのバイトでフッキングしたのは2尾であったが、ランディングに成功したのは一尾。・・・

・・・・

・・・

20120425ugui この人のチェイス、バイトは盛んにあったが、喰いが浅いか合わせが悪いか(多分)、ランディングに成功したのは3尾であった。

何時もは外道扱いであるが、婚姻色が綺麗で型も8寸クラスが多く、岩魚やマスの合間の繋ぎをしてくれ、引きが楽しめたのとランディングの良い練習相手をしてくれた。・・・

・・・
ルアーで初めての数釣りが出来たが、バラシた数も同じ位あり、もっと精度を上げないとな 。  でも、ランディングのコツはすこ~し分かってきた感じかな!・・・

・・・
<ヒットルアー> AR-Sスピナー RSYL、RSBK

           特に濁りが入った後は、RSYL(チャート)の効果が絶大であった。・・・

・・・
 Doctorミノー グリ金 対岸のヤブに引っ掛けロスト 

 ロッドバットエンドのエンブレム付き水抜き金具が二回目の紛失、こいつは良く取れる

2012年4月20日 (金)

奥多摩釣行記

20120420kesiki1 20120420kesiki2 午後から雨の予報なので遠出は止めて、奥多摩の本流巡りでもしようと出掛ける。
最初は氷川のキャンプ場から入渓、ここは初めてである。

まずは上流側へ遡行してみる。 如何にもというポイントが点在していて、日原川との合流点まで探っていくが生命反応は無かった。・・・

・・・
次はキャンプ場の下流側へ。 底石の多い如何にもという瀬が続いていた。
ルアーは上流側を探ったAR-Sスピナー RSYL, RSFRから、前回支流でヒットしたRSBKに換えてみる。

クロスで探っていく。 暫く何事も起こらなかったが、瀬の肩を通している時にバイトがある。
しかし、合わせが遅れ直ぐ下の落ち込みに走られてしまい、フッキングには至らなかった。

さらに下流の瀬では2回程チェイスがあり、ミノーでも探ってみるが駄目であった。

・・・
20120420kesiki3 暫く釣り下がっていくとブッツケに出来た弛みがあり、ルアーをRSBKに戻しダウンから引いて、弛みに通しているとバイトがありフッキングにも成功。

慎重にランディングし手元に引き寄せ魚影も見えてきたので、さてと腰の折りたたみタモを取り出そうと、一瞬目を離した隙に頭を振られ痛恨のバラシ、集中力が足りなかった~   。・・・
・・・

気分直しに、ここで昼食とするが、寒さが半端なく身にしみてきてしまう。 この後、軍畑や奥多摩橋へも行ってみる積りでいたが、今回はここで納竿~とする。

2012年4月18日 (水)

山菜ハイキング part1

Ts3r0011 釣り以外の、この時期の楽しみである山菜採りを今日から開始。

今年は、寒波の影響でまだ時期が早いかなと思うが、様子見を兼ねて山菜

の王様「タラノメ」探しをメインに、かみさんと地元の山へ入ってみる。・・・

・・・

・・・

林道沿いから見える範囲のタラノメは、さすがに殆どが採られてしまっていたので昨年、何個か二番芽が採れた人が余り入らないポイントへ行って見る。

Imgp2038 Ts3r0008_2 これがビンゴ!で、昨年は気付かなかった林道谷側斜面の下に何本か、大きな一番芽を付けたヤツが見つかる。
降りて行くのは一寸キツイかなと思うが、掴まれそうな木があり足場もありそうなので、採りたいのが先に立ち思い切って下ってみる。

何とか辿り着くことが出来、今まで採ったことのないサイズのヤツと量を手にすることが出来た。 渓流釣りに例えれば、尺上を釣りあげたような興奮度であった   。 ・・

・・・
これ以外は採り頃にはまだ早かったが、量は別にして色々な山菜を手に入れる事が出来た。

・・・
Imgp2046

  左から、イタドリ、ゼンマイ、サンショ ・・・

・・・

・・・
Imgp2044  左 ヤマフキ

  右 ハナイカダ ・・・

・・・

・・・
Imgp2048  左 ヨモギ

  右 セ リ ・・・

・・・

・・・
道すがらでは、色々な山野草も目を楽しませてくれた

・・・
Ts3r0004 Ts3r0006 Ts3r0013 Ts3r0017

・・

・・

・・

・・

左から、ナガバノスミレサイシン、エイザンスミレ、キケマン、二輪草・・・

・・・
夕食で早速、天麩羅、お浸し、蒸煮、塩もみ等にし、ワインを片手に旬の味と香りを楽しんだ 。 ・・・

・・・
Imgp2050 Imgp2054 Imgp2057 ・・

2012年4月13日 (金)

奥多摩釣行記

ここの所、小菅詣でが続いていたので、今回は久しぶりに奥多摩支流と本流へ行ってみる。
ようやく気温も上昇してきたので、お魚の活性もと期待して釣行する。

が、支流ではバイトが一回あったのみ。 試しに同じポイントを餌でも探ってみるが、やはり魚信も無かったので、魚が不在?だったのかな。

本流は海沢の放水口付近の上流・下流を探ってみるが、此方も全く相手にしてもらえなかった。
キャンプ場方面へも釣行したかったが、先行者が居たので今回は見送る。・・・

・・・
20120413yamame 20120413yamamep バイトは一回こっきりであったがランディングには成功し、小型ではあったが綺麗なヤマメの姿を見る事ができ、”ボ!”だけは何とか回避出来た ・・・

・・・・

・・・
<ヒットルアー> AR-S スピナー 3.5g RSBK・・・

・・・

上記のスピナーは別のポイントで、先日の当りルアー Doctorミノー 5S 黒金も、共に根掛りでロストしてしまった  

2012年4月 6日 (金)

小菅川釣行記

20120406kesiki1 20120406kesiki2小菅C&R区間へ、今回は前回までより上流を探りに新玉川橋付近より入渓。

写真左は橋の上流、写真右は橋の下流の様子。

・・・

渓相はなかなか雰囲気が良く期待を持って遡行してみるが、橋の上流側では生物反応は全く無かった。

下流側へ釣り下がっていくと前回、大成沢出合いより入渓した時の淵に出る。
魚影が確認できたので、スピナー、スプーン、ミノーと色々と試してみると、スピナーで一回、ミノーで一回バイトがあったが、フッキングには至らなかった。
遡行途中に、新玉川橋付近で落石があり一瞬ヒヤ!とする。

・・・

昼食後、一旦川から上がり水量計の所から再入渓し、大成沢出合い迄を遡行してみる。

今週水曜に放流があったとの事で、流れの緩やかな深瀬や瀬の肩等で何回かバイトがありフッキングまで成功するが、相変わらずランディング途中でのバラシが多かった(ウ~ン難しい ) 。

20120406iwana 20120406iwanap_2  しか~し、一回だけようやくランディングに成功し、イワナとしては今季初&ルアーでの初キャッチが出来た

・・・・

・・・・

<本日のヒットルアー> Doctor ミノー 5S 黒金 (バイト回数が一番多かった)

<他のバイトルアー>  Doctor ミノー 5FS グリ金、 AR-S スピナー 2g MCB

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »