2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月20日 (日)

八王子銀杏祭り

Imgp1961 八王子銀杏祭りへ出掛ける。 

今回は昨年の帰路に見つけた、浅川土手沿いの道を歩いて行くが、例年の武蔵野御陵入り口に出る道の半分位の時間で会場の陵南公園に到着することが出来、今後はこのルートにしようと決める。

・・・
昨日が雨だったので今日は混むかなと考えていたが、思った程の人出では無かった。

・・・
昼食代わりにと、出店の地方の名産やB級グルメグランプリで過去に優勝した物等を食べてみる。

予想に反してB級グルメグランプリ品より、地方の名産品の方が美味しかった(当たり前かな)。

・・・
Imgp1959美味しさNO.1は、山形県の芋煮。 

NO.2は、同じく山形の米沢牛の串焼き、これは昨年初めて食べて美味しいな~と思っていたが、今年も期待を裏切らなかった。

・・・

Imgp1960後はお土産に、甲州信玄豚で作った八ヶ岳スモークチキン、ベーコンと手作りソーセージのセットを買ってくる。

夕食で早速、自家製の梅酒の肴にして食べてみるが、スモークベーコンと手作りソーセージは中々の美味で、今後のお土産の定番になりそう。

・・・
銀杏の黄葉は、ほぼ最盛期という所であったが、他を含めた紅葉全体としては異常気象のせいか、例年に比べ今一と云う感じであった。

それでも、11月下旬とは思えない暖かい陽気の元でウォーキングが出来、気持の良い一日を過ごすことが出来た。

2011年11月19日 (土)

浅川国際鱒釣り場 1118

午前中、車を車検に出しついでに釣り具屋へ寄る。 先日DVDで見た、ルアーメーカーのフィールドテスターが管理釣り場でやっていた、スプーンのローテーションを参考に買い足しをしてくる。

・・・
早速、午後から代車でちょこっと浅川国際鱒釣り場へルアーのトレーニングヘ。
先客がルアー、フライをやってみたが、ヒットしたのはフライだけと聞いて、この時期やはりルアーは厳しいのかな~と思うが、取りあえず始める。

・・・
DVDを参考に、タナの探り方・リーリングのやり方・ルアーローテーション等を試してみる。
途中、オリーブに赤ラメのスプーンにバイトがあったが、それ以外は一時間位音沙汰な~し。
その間もフライマンはポツポツであるが、釣果を上げていた。

さすがに、少しテンションが下がってきたので、ここで smoking

・・・
夕マズメに差し掛かってきたので、今までに実績のあるルアーを試してみる。
これが当りで、ルアー選択の効果か時間帯によるものかは定でないが、何回か鱒ちゃんが遊んでくれ気分直しが出来た happy01

・・・
今日のヒットルアー:

 ・スプーン MIU 2.8g  ブラウン赤ラメ

 ・クランク アンフェア つぶあん ピンク

2011年11月 9日 (水)

東京トラウトカントリー

東京トラウトカントリーへ、月末の兄弟旅行用に購入したポータブルタイプカーナビの動作を試しながら行く。

今日は今までに比べ、平日にしては珍しく先客が多く10人位いた。

支配人とタックルについて暫く立ち話をしてから、まずはポンドで肩慣らし。

・・・
今までに実績のあるスプーンに何尾かバイトがあるが、相変わらずバレが多かった。

帰りにスタッフの方が居たのでアドバイスをお願いし、フッキングのコツ(管釣場でも向こう合わせだけでなく、ロッドである程度合わせをする等)のを伝授してもらう。

・・・
20111109kesiki1 Kitchen Mayflyで昼食を摂った後、リッチゾーンへ行って見る。

始めて直ぐに、ライントラブルでリールに糸が絡んで回転が重くなってしまったので、スプールを外してみると軸にラインが絡みついてしまっていた。

釣り具屋に修理に出すようかなと思うが、やってみるか~と絡まったラインを、軸を傷つけないようにハサミで切り刻み、少しずつ取っていくと上手く全部とれ、滑らかに回転するようになった。

・・・
やってみるもんだな~!と釣行開始。 下流の淵で色々なルアーを試してみる、魚影は見えるのだが興味を示す奴は殆ど居なく、バイトは一度もなかった。

少し疲れてきたので、cafe と smoking で気分をリフレッシュし、実績のあるテクニカルゾーンへ。

・・・
何時もの大岩の上から、対岸の瀬脇の弛みから瀬を横切るリトリーブをやってみる。

今までに釣果のあったスプーン、ミノーに生物反応が無いので、何時もより重い4.5gのPriスプーンで底を狙ってみる。

これが功を奏し、ようやく8寸クラスの上がり鱒が姿を見せる happy01

・・・
20111109kesiki2 周りを見渡す余裕も出来たので紅葉の様子を見ると、結構見頃となっていたので写真におさめ帰路に着く。

カーナビも値段(13,500yen)の割には、web shopの口コミ情報通り、結構使えそうな感じであった。

 

2011年11月 5日 (土)

奥多摩フィッシングセンター 1104

20111104kesiki2 20111104kesiki 午後から奥多摩フィッシングセンターへ、ルアーフィッシングのトレーニングヘ。
紅葉が色づき始めた釣り場は、平日にも拘わらず結構な人出。
川の状態はと言えば、かなり緑色にはなってきたが相変わらずの濁り。
餌釣りには、そんなに影響は無さそうな濁りであるが、ルアーにはどうなのかな?

・・・
受付のおばちゃんが教えてくれた、魚が溜まってそうだという一番上流のエリアは皆、考える事が同じようで入り込む隙間が無く、最下流手前のエリア迄行ってようやく空きを見つける。

隣でやっていたフライマンはネットにかなりの魚をキープしていて、聞いてみるとダムの観光放水前の午前中での釣果との事。
それにしても、濁りは別にしてこの時期の管理釣り場は、ルアーよりフライマンに分がありそう。

・・・
暫く色々なルアーでやってみるがバイトが無いので、最下流のエリアへ移動。

・・・
此方も色々なルアーを試してみると黒金ミノーにバイトがあり、暫くそれでやってみるが音沙汰が無くなったので、赤金ミノーに換える。

すると一投目にバイトがありフッキングも成功して、かなりい~い手ごたえが伝わってくる。
よ~し!とリールを巻いてランディングに取りかかると、いきなりかなりのジャンプ!
みえた魚体は尺越えの感じであったが、そのまま手ごたえが無くなり痛恨のバラ~しweep

smoking して気を落ち着かせてから再開するが、その後は生物反応が無くなりコーヒーブレイクとする。

・・・
次は、来る途中に釣り具屋で買ってきた、管理釣り場のスレタ魚に効果のあると言うルアー/クランク(アンフェア-つぶあん/ピンク色))を試してみる。

噂通り、2尾続けてバイトがある。
所が~!!
一尾目はランディング途中でバレ、2尾目は手前まで引き寄せ傍に置いてあったタモに手を伸ばしている時にバレテしまう。

相変わらず、ランディングのコツが掴めず、管理釣り場のバラシマンに陥っているcoldsweats02

自然渓流の魚はもっと手強いだろうから、腕に磨きをかけるのと、ルアーのフックもバーブレスでは難しいかもしれない。

・・・
ラインの色は今回は、視認性が良いと言われるフラッシュオレンジを使ってみたが、前回使ったイエローグリーンの方が視認性は良さそうな感じがした。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »