2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 浅川国際鱒釣り場 | トップページ | 東京トラウトカントリー 1028 »

2011年10月20日 (木)

東京トラウトカントリー 1019

今回は奥多摩の東京トラウトカントリーへ、ルアーフィッシングトレーニング3回目に出掛ける。
此処は、渓流シーズン中は何回も通りかかる所だが、入場するのは初めて。
向かう途中、梅ケ谷峠は台風の影響の土砂崩れでいまだに通行止め、奥多摩本流は緑色が混じってきたが相変わらず濁りが強く、釣りにはまだ一寸厳しそうであった。

・・・
一日入場券(3000円、通常は4000円だが今は割引となっている)を購入。 先客はルアーマンが一人のようで、のんびりと出来そう。
此処は、難易度によりメインストリーム、リッチゾーン、テクニカルゾーン、エキスパートゾーンがあるが、まずは、支配人が教えてくれた初心者向けで放流魚も多いという、メインストリームから始める。

・・・
支配人のアドバイスでは今はルアーはスプーン、ミノーが良く、スプーンは流れの穏やかな所は2g位、流れのあるところは3~4g位で、ただ引きでなくアクションを付けた方が良さそうとの事であったので、まずは1.6~2gのスプーンでやってみる。

・・・
先客が暫くやっていたと言っていた影響か腕のせいか、魚の姿は見えるが暫くバイトが無かったが、その内初バイトがありランディングも上手く行く。
その後、他のスプーン、スピナー、ミノーと試してみる。 スプーン、スピナーに何回かバイトがあったが、相変わらずランディング中にバレテしまう

・・・
昼食後、普段は餌釣り用のファミリー釣り場のプールがあるが、空いているのでルアーをやってもかまわないとの事であったので、手持ちのルアーのどれに興味を示すか試してみる。
多少、傾向が分かったので再度、メインストリームへ行って見る。
プールでバイトのあった1.6gスプーンにバイトがあり、ランディングも成功。
他のルアーにもバイトは合ったが、相変わらずのバラシ。 

・・・
20111019kesiki1_2 20111019kesiki2_2その後、チェイスも無くなったので、テクニカルゾーンへ行って見る。落ち込みの白泡の中で、スピナー2gにバイトがあるが又もやバラシ、その内根掛りで敢え無くロスト

・・・

20111019point 次に大きな落ち込みに続く瀬の開きと巻き返しがあったので、大石の上から赤金のミノー3gで挑戦。
対岸にアップクロスでキャストし、ソフトトゥイッチをして瀬を横切らせるリトリーブでやっていると、チェイスしてくる魚影が見える。
オ!居るなと続けているとチェイスしてきた奴がついにバイト、流れに乗って次の落ち込みへ落ちてしまうが、慎重にロッドを絞って引き上げランディングにも成功する。

8寸クラスのニジであったが、ルアーを始めてミノーでは初めての釣果であったので、一寸興奮してしまった 。 魚がルアーにチェイスして来てバイトする瞬間迄の姿が見えるのは、結構エキサイティングなもので餌釣りとは違った面白さがある。

・・・
20111019lure その後、同じミノーでさらにもう一尾上がる。 他のミノーも試してみるがチェイスが無いので、今まで実績のあるスプーン3.8gでやってみると、3回続けてバイトがあり2尾はランディングにも成功する。 (今日、バイトのあったルアーの写真⇒)  

・・・
20111019tackle2_2 今回は、ランディング迄持ちこめる確率は結構上がったが、バラシもそれ以上あり、腕を磨かなければと反省しながら、コーヒーブレイクをし納竿とする。

 

 

« 浅川国際鱒釣り場 | トップページ | 東京トラウトカントリー 1028 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京トラウトカントリー 1019:

« 浅川国際鱒釣り場 | トップページ | 東京トラウトカントリー 1028 »