2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月29日 (土)

東京トラウトカントリー 1028

25日の浅川国際鱒釣り場(3H)に続き、今日は前回訪問で渓流の雰囲気が気にいった、日原の東京トラウトカントリーへ行く。

11時頃に到着し、支配人の「試釣りの様子では今日は厳しそうですよ、でも魚に喰いつくように良く言い聞かせておきましたから」、との話に微笑み返しをしながら川へ。

まずはメインストリーム、数投目に1.6gのスプーンにバイトがありフッキングも成功、「結構来るじゃん!」と思うも、その後はルアーをとっかえひっかえするが音沙汰なく、Kitchen Mayflyで昼食とする。

・・・
食べたのはお奨めのミックスピザ、薄手の生地に具とチーズがタップリのっていて、普段はハンドトス(厚手生地)のピザしか食べない私であるが、これは本当に美味しかった

シェフは女性であったが、聞いてみると何処かで修業したわけではなく、自分で色々と工夫して創作した味との事で感心してしまった。

・・・
午後の部は、メインストリーム下流のリッチゾーンへ。 本格的な渓流の渓相でルアーを何処へキャストして、どういうコースでリトリーブするのが良いか迷うが、兎に角色々とやってみる。

しか~し、魚信は無く最下流の大淵まできてしまう。 今日の気温では魚は底に張り付いていそうなので、3.8gの勝負スプーン(ダークブラウン/赤ラメ)で始める。
数投目にバイトがあるがフッキングに失敗。 でも魚は居るなと期待を持って続けるが、その後はどのルアーにも時折チェイスはあるもののバイトはせず、前回釣果のあったテクニカルゾーンへ行って見る。

・・・
20111019point 大岩の上から勝負スプーンで始めると2尾続けてヒット 。 やはり居るなと続けるが、ここでキャストに失敗し対岸の岩場に勝負スプーンが引っ掛かり痛恨のロスト 。 又、買わなくては。
その後、赤金ミノーにあったバイトをバラしてしまった他には魚信が無くなり、その内ライントラブルにも見舞われ集中力が無くなったので納竿とする。

・・・
帰りにクラブハウスへ寄ると、「お客さん、たしか昼食の料金頂いてないですよね」と言われ、そうだ払ってない!と思い出し丁重に謝り、無銭飲食にならなくて良かった~と胸をなでおろす

丁度、従業員の人たちの休憩時間であったようで、コーヒーと手作りのドーナツを勧めてくれ、有りがたく頂戴し暖かいもてなしに感謝し帰路に着く

 

2011年10月20日 (木)

東京トラウトカントリー 1019

今回は奥多摩の東京トラウトカントリーへ、ルアーフィッシングトレーニング3回目に出掛ける。
此処は、渓流シーズン中は何回も通りかかる所だが、入場するのは初めて。
向かう途中、梅ケ谷峠は台風の影響の土砂崩れでいまだに通行止め、奥多摩本流は緑色が混じってきたが相変わらず濁りが強く、釣りにはまだ一寸厳しそうであった。

・・・
一日入場券(3000円、通常は4000円だが今は割引となっている)を購入。 先客はルアーマンが一人のようで、のんびりと出来そう。
此処は、難易度によりメインストリーム、リッチゾーン、テクニカルゾーン、エキスパートゾーンがあるが、まずは、支配人が教えてくれた初心者向けで放流魚も多いという、メインストリームから始める。

・・・
支配人のアドバイスでは今はルアーはスプーン、ミノーが良く、スプーンは流れの穏やかな所は2g位、流れのあるところは3~4g位で、ただ引きでなくアクションを付けた方が良さそうとの事であったので、まずは1.6~2gのスプーンでやってみる。

・・・
先客が暫くやっていたと言っていた影響か腕のせいか、魚の姿は見えるが暫くバイトが無かったが、その内初バイトがありランディングも上手く行く。
その後、他のスプーン、スピナー、ミノーと試してみる。 スプーン、スピナーに何回かバイトがあったが、相変わらずランディング中にバレテしまう

・・・
昼食後、普段は餌釣り用のファミリー釣り場のプールがあるが、空いているのでルアーをやってもかまわないとの事であったので、手持ちのルアーのどれに興味を示すか試してみる。
多少、傾向が分かったので再度、メインストリームへ行って見る。
プールでバイトのあった1.6gスプーンにバイトがあり、ランディングも成功。
他のルアーにもバイトは合ったが、相変わらずのバラシ。 

・・・
20111019kesiki1_2 20111019kesiki2_2その後、チェイスも無くなったので、テクニカルゾーンへ行って見る。落ち込みの白泡の中で、スピナー2gにバイトがあるが又もやバラシ、その内根掛りで敢え無くロスト

・・・

20111019point 次に大きな落ち込みに続く瀬の開きと巻き返しがあったので、大石の上から赤金のミノー3gで挑戦。
対岸にアップクロスでキャストし、ソフトトゥイッチをして瀬を横切らせるリトリーブでやっていると、チェイスしてくる魚影が見える。
オ!居るなと続けているとチェイスしてきた奴がついにバイト、流れに乗って次の落ち込みへ落ちてしまうが、慎重にロッドを絞って引き上げランディングにも成功する。

8寸クラスのニジであったが、ルアーを始めてミノーでは初めての釣果であったので、一寸興奮してしまった 。 魚がルアーにチェイスして来てバイトする瞬間迄の姿が見えるのは、結構エキサイティングなもので餌釣りとは違った面白さがある。

・・・
20111019lure その後、同じミノーでさらにもう一尾上がる。 他のミノーも試してみるがチェイスが無いので、今まで実績のあるスプーン3.8gでやってみると、3回続けてバイトがあり2尾はランディングにも成功する。 (今日、バイトのあったルアーの写真⇒)  

・・・
20111019tackle2_2 今回は、ランディング迄持ちこめる確率は結構上がったが、バラシもそれ以上あり、腕を磨かなければと反省しながら、コーヒーブレイクをし納竿とする。

 

 

2011年10月12日 (水)

浅川国際鱒釣り場

ルアーフィッシングトレーニング2回目は、裏高尾の浅川国際鱒釣り場へ。
高尾の自然の中で釣りを楽しめる、やや小さめのポンドタイプの管理釣り場である。
管理人のおじいさんと暫し世間話をしてから、一日券(4000円)を購入し入場。

先客は3人でのんびりと出来そう、管理人さんから「ルアーはフライに比べて釣果は思わしくないかもよ」と言われたが、トレーニングが主目的なので釣果は二の次と開始。
まずは、フックをバーブレスシングルフック(VANFOOK PL-51BL #7)に交換した、DAIWAのDr.ミノー(50mmtype)から試してみる。

ミノーは、ただ巻きとソフトトゥイッチでやってみるが、ソフトトゥイッチの方がチェイスが有りそう。 暫くこれで続けていると、4~5回バイトがあるがランディング中に全てバレテしまう
バーブレスフックのせいかなと思うが、ルアーはバイトがあっても、ランディングが難しいと言われているので、多分腕のせい   。

バイトがあったミノーは、シンキングタイプの赤金とシャッド、フローティングタイプの黒金、特に黒金への反応が良かったような感じであった。

次はスプーン、管理人さんお奨めの小さめの軽いもの(1.6、2.2)と、以前に実績のあるペレット色の3.8gや、Priスプーン4.5g等を試してみる。
バイトは1.6gで2回、ペレット色の3.8gで一回あり、此方はランディング迄上手くいった。

スピナーには殆ど反応が無かった。

キャスティングは、オーバーハンドはかなり感じが掴め方向性が安定してきたが、サイドハンドとバックハンドはまだ方向性にバラツキがあり今一であった。・・・
・・・・

20111012lure
 本日のヒットルアー。

 

2011年10月 7日 (金)

ルアー New タックル入魂!

渓流で餌釣りをしている時に竿では届かないポイントに遭遇し、こんな時にルアーで攻められればな~と思うことがしばしば有り先日、渓流遡行に便利なマルチピースのロッドと、リールを購入した。

20110827 20110827_2 20110827_2_2 ・・・

・・・・

・・・・

・ロッド : Abu Garcia Troutin Marquis BORON TMBS-556UL TE
・リール: SHIMANO バイオマスター C2000HGS 

ケースは購入時は布製の袋だけで携行時の強度に不安があるので、たまたま保存してあった餌釣り竿のプラスチックケースを加工し、袋へ内包する補強用ケースを作成する。・・

・・・

20111007kesikiそんな訳で、渓流シーズンも終了したので、ルアーフィッシングのトレーニングを開始する。
管理釣り場へと思ったが、より渓流に近いロケーションでのトレーニングの方が実践的と、小菅の冬季マス釣り場(C&R)へ行く。・・
・・・

入漁券(800円)を買い川へ降りてみると、平日にも拘わらず結構な人出で、のんびりトレーニングとの思惑が外れるが、空いている場所を探して開始。・・

ここは、バーブレスのシングルフックのルアーが決まりなので、シングルフックに改造したミノーを手始めに、スピナー、スプーン、クランク、ロブルアー(アラベスク)など色々と試してみるが2時間位バイトもチェイスもなく、少々テンションが下がってきたので一服~とする。・・・
・・・

20111007masu 20110427_lure_2 再開後、以前に管理釣り場で実績のあるスプーンを試してみると、一発でフッキングし慎重にやり取りしてタモに収めてみると7寸程のマスであった。

本日の釣果はこれだけであったが、新しいロッドとリールへの入魂が取りあえず出来たので良しとする ・・・

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »