2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 野イチゴ狩り part1 | トップページ | 丹波川釣行記 0603 »

2011年5月28日 (土)

奥多摩支流釣行記 0527

20110527kesiki 昼間の天気予報が雨から曇りになったので、釣りに出掛ける。 雨が降る可能性もあるので、ホームエリアの下流域へ。
増水は殆どしてなく、対岸へ渡る何時もの場所も無事に渡渉が出来る。 此処の所魚信の無かった最初のポイントで、イワナ、ヤマメが上がる幸先の良いスタートを切れ、その後飽きない程度に魚信があり、5~8寸クラスの渓魚が10尾位姿を見せてくれた。

◆イワナ

20110527iwanap 20110527iwana 最初のポイントの大岩際の流れで乗ってきた7寸クラス。 一度目の魚信では岩越しに下流へ走られバレてしまうが、餌を変えた二回目の魚信で取り込みに成功。
その他には瀬の中の石裏で、5寸クラスのヒレピンが姿を見せた(リリース)。

◆ヤマメ

20110527yamame 最初の岩魚が上がったポイントの少し上流で乗ってきた6寸クラス。 これも一度目はバレてしまい、少し時間を空けて餌を変えて誘ったら再度乗ってきた。
その後は瀬の中の石裏と、落ち込みに続く大淵の岩際で、ヒレピンの5~6寸クラスが一尾づつ姿を見せてくれた(全てリリース)。

◆マス

20110527masup 20110527masu 瀬の中や石裏、落ち込みに続く大淵等から7~8寸クラスが5,6尾姿を見せた。 比較的尾鰭の綺麗な野生化した感じの奴が多く、引きを楽しむことが出来た(大きめの2尾のみキープ)。

 

« 野イチゴ狩り part1 | トップページ | 丹波川釣行記 0603 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩支流釣行記 0527:

« 野イチゴ狩り part1 | トップページ | 丹波川釣行記 0603 »