2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 奥多摩フィッシングセンター 0427 | トップページ | 山菜ハイキング part4 0504 »

2011年4月29日 (金)

山菜ハイキング part3

20110429kesiki 今季3回目の山菜ハイキングへ。 ゴールデンウィーク初日で天気も良かったのと、東日本大震災の影響で遠出を控えて、日帰りでハイキングへでもという人もいたのか、例年のゴールデンウィークと比べ行き会った人が多かったような気がした。 

20110429udo 今回はヤマウドの収穫をメインであったが、低地の第1のポイントでは前回下見をした時には4本位が顔を出していたが、その内の2本は採られてしまっていて、手に入ったのは残りの2本のみとなった。 道端の目立つところなので仕方無いね!と、高地の第2のポイントを見に行く。 ここ数年、何時も5本位は収穫出来ていたポイントは、何の影響か斜面が随分と掘り返されたような感じで荒れてしまっていて、全然見つからず一寸ガックリきてしまう。 次に昨年見つけた第3のポイントでは往路では見つからなかったが、復路でサンショを採っていたら数本が見つかりホッ!とする。 まだ、採り頃ではなかったので次回まわしとする。 往路では他に、タラノメの2番芽、イタドリ、ヤマフキを採っていく。

20110429sansyo 見晴らしの良い場所で昼食を摂り、復路の収穫へ。 
サンショは往路で見つけた大きめの木と、あと何本かの小さい木(写真)の物を合わせ思った以上の量が採れた。 ミツバは、雨量により沢が現れる場所で、大きめであるが色目の良い美味しそうなのが沢山採れる。 往路では気が付かなかった場所でゼンマイが見つかり、何時もの事ながら、往路と復路では目線が異なるものだな~と思う。

20110429seri 山では珍しいセリ(写真)のポイントでは前々回収穫時に、まだ小さくて残しておいたのが大きくなっていたので再度採っていく。 あとは、天ぷら用にヨモギと花筏を採り帰路に着く。

夕食で、山ウドは酢味噌で、タラノメ・ヨモギ・花筏は天ぷらに、セリ・ミズナはお浸しで、イタドリは肉との炒め物にして、ワインを飲みながら旬の味を楽しんだ 。  

  

« 奥多摩フィッシングセンター 0427 | トップページ | 山菜ハイキング part4 0504 »

コメント

山ウドとり、期待はずれのご様子ですね。自宅から鎌倉へのルート沿いの数ケ所
あったタラノメと秋のムカゴも今では全滅です。楽しみにしていたのですが。

ぼくあずささん、こんばんわ。
山ウドは、ゴールデンウィークに再度、リベンジに行く予定をしています。
山菜の採れるポイントは同一の場所では、時が経つと絶えてしまうこともあるようですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山菜ハイキング part3:

« 奥多摩フィッシングセンター 0427 | トップページ | 山菜ハイキング part4 0504 »