2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 奥多摩支流釣行記 0406 | トップページ | 山菜ハイキング part1 »

2011年4月14日 (木)

奥多摩支流釣行記 0413

20110413_ueder2 釣り具屋に取り寄せを依頼していた、ソックスタイプのウェダーとウェーディングシューズが届いた。 ウェダーは、LITTLE  PRESENTS の SPウエストハイウェダー S, シューズは、ダイワ PURELIST ウェーディングシューズ PLS-2501 26.0 である。 ウェダーのサイズからして、シューズサイズは25かなと思っていたが、ダイワのネットのカタログで推奨していた通り、1サイズ上の26でジャストであった。

ということで、今回はこけら落としと履き心地を試しにホームエリアへ。 シューズが26では遡行がどうかなと気に掛っていたが特に問題はなく、シューズ一体型のウェダーに比べて足元が軽く遡行が軽快に出来、脱渓時の斜面の登りも足へくる疲れが軽減された感じがした。 シューズ選定時のポイントになった、横に着いているチャックも「履く・脱ぐ」時の手間が簡単で便利であった。

20110413_kesiki_2 20110413_masu_2 川の状態は水量は相変わらず少なかったが、暖かい陽気に誘われたか渓魚の活性は高く、ポイント毎に魚信があり7~8寸のマスが数多く姿を見せた。 ヤマメは、そろそろ釣りきられてしまったか、小型サイズが2尾姿を見せただけであった。 途中で渓流では初のルアーフィッシングをやってみる。 残念ながら魚信らしき感触は一回あったが、後は音沙汰が無くビギナーズラックには恵まれなかった。 これからも機会を見ては、経験を積んでいきたいと思っている。
天気が良く途中で一枚脱ぐような暖かさのもとで、渓魚とのやり取りも数多くでき、気持ちの良い一日を過ごすことが出来た。

« 奥多摩支流釣行記 0406 | トップページ | 山菜ハイキング part1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩支流釣行記 0413:

« 奥多摩支流釣行記 0406 | トップページ | 山菜ハイキング part1 »