2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月28日 (土)

丹波川支流釣行記 0827

20100827_kotune1 十数年ぶりに丹波川支流の小常木谷へ行って見る。 前回は、火打石谷がメインで小常木谷は一寸覗いただけであった。 今回は山道を通って行って見るが、きつい山肌の斜面に付けられた踏み跡で、アップダウンがきつく、道幅も片足を踏ん張るのがやっと位で、本流との出合いに着いた時には結構、足にきてしまい大汗もかいて息が上がってしまった。 少し休んで支流へ向かうが、火打石と小常木の分岐に着いたころには又、息が上がってしまったので休憩を兼ねて、少し手前の落ち込みを探ってみることにする。

20100827_iwana
魚信はあるがなかなか針掛りしなかったが、何投目かに乗ってきて5寸程の岩魚が姿を見せる、小型の割には引きは中々のものであった。 その後、戻ってきた先行者が来て暫く立ち話をする。 そうこうしている内に息が落ち着き、モチベーションも上がってきたので昼食を摂った後、小常木谷へ向かう。

両岸を急な山肌に挟まれた流れで、水量は少なく岩肌を滑気味にした流れが多く、落ち込みも底が見えるような所が多かった。 何箇所かあった落ち込みの深場で魚信が数回あったが、チビのような感じで姿を見ることは出来なかった。 暫くすると雷が鳴り出し空を見上げると黒雲が広がってきていたので、無理をせずに戻ることにする。 本流との出合いに着いた時には雨が降ってきて、往路の山道を戻るのはしんどいので、本流の水量は一寸多かったが足を踏ん張って川通しし、対岸に下がっているワイヤーロープに掴まって岩肌をよじ登る。 車へ戻り着替えを済ませた頃には、予報とは異なり土砂降りの雨となり戻ってきて正解あった。

車を走らせていると奥多摩方面の空は明るく、日原に着いてみると降っていなかったので寄って行くことにする。 ホームエリアの駐車スペースに車が居なかったので、川へ降りてみると下流側に釣り人が見えたので上流側へ。 久しぶりに、落ち込みの大岩際の巻き返しの大淵を探ってみる。 最初、マスが数尾続いたが全て淵の下流側へ放し、さらに探っていると目印が引きこまれいい手応え、暫くやり取りし引きぬいてみると、9寸級のヤマメが上がってくる。 放流物かなと見てみると尾鰭が綺麗なのでピンシャンのようで、ヤマメとしてはこのポイントでの最大サイズである。 コーヒーブレイクの後、さらに7寸クラスのヤマメも上がり、十分に満足して帰路に着く。

20100827_yamamep 20100827_yamame1 20100827_yamame2

  

2010年8月19日 (木)

日原川釣行記 0818

20100818_kesiki1 八丁橋エリアへ釣行。 林道は水たまりが多く慎重に運転していく。 先行車ははなく早速、支度をして川へ降りる。 まずは下降路の下流側へ遡行、良いポイントがあったが魚信は余りなく、4寸程の岩魚が上がったのみであった。 下降路の上流側も良いポイントが多かったが、やはり魚信は余りなく4寸程のヤマメが2尾姿を見せたのみであった。 午後になり日が陰って黒雲が広がってくる。 先日も同じような空模様で急激な雷雨に襲われ、今日も午後から雨かもとの予報であったので、安全策をとり川から上がり下流域へ車で移動する。
20100818_iwana 20100818_yamame
少ない魚信の中で姿を見せてくれた渓魚

                                       

移動場所は、前から行こうと思っていた神庭沢出合い付近へ。 下降路の上下流共に余り変化のない川相であったが、瀬の大石裏と落ち込みに続く大きな開きの瀬脇で、それぞれ7寸程のマスが上がってくる。 コーヒーブレイクをしていたら雨が落ちてくるが、たいした降りではないのでさらに下流へ移動。 来るときには工事用の車が停まっていた、白妙橋の駐車スペースが空いていたので車を停め川へ降りてみる。 橋の上下流側を探ってみるが魚信は殆ど無く、最後のポイントでチビ岩魚が2尾姿を見せてくれたので、ここで納竿とする。 

2010年8月12日 (木)

小川谷釣行記 0811

20100811_ogawa1_2 小川谷下流へ。 川への下降路は所々踏み跡がハッキリしなくなっていたが、斜面に手をつき足元を踏み固めながら慎重に歩く。 足慣らしをするためにまずは本流との出合い側へ。 水量は少なく、一寸した落ち込みでは魚信は多かったがチビヤマメが多かった。

20100811_yamame1_320100811_yamame1p_2本流付近の大きな落ち込みで良い魚信があり、頭上の木に気をつけながらタモに収めてみると、7寸程のピンシャンのヤマメであった。
本流は、暫くは6寸程の頭の異様に大きな岩魚とチビヤマメが上がった以外は、上流の管釣場から逃亡してきたと思われるマスの入れ食いで少々食傷気味となり、出合いの下流側へ場所を移動。 落ち込みの手前の流れの早い瀬尻から、ようやく放流物と思われるが8寸程の岩魚が上がってきてホットする。

20100811_yamame220100811_yamame23p_2 その後、暫く連続してマスであったが、その内またマスか と思いながら下流 へ走ったのを竿を絞って引き寄せているとジャンプした魚影はヤマメのよう、よし来た!と興奮するが慎重にやり取りしタモに捕り込んでみると、今季最大の体高のある8寸クラスの、日原らしい色白の綺麗なピンシャンのヤマメであった。 思わずヤッター!とガッツポーズ。  その後の昼食は何時にも増して美味しく感じた。午後は、小川谷の上流部へ遡行してみる。 提灯仕掛けで探っていくが魚信は少なく、ようやく姿を見せたのもチビ岩魚であった。
                                                          
20100811_yamame3コーヒータイムを挟んで再度、本流を探ってみる。 やはりマスの入れ食いであったが底石の多い瀬芯を何回か探っていると、7寸クラスのピンシャンのヤマメが上がってくる。 その後はまたマスばかりとなったので納竿とする。 マスが多くて少々うんざりするが、久々にヤマメ・岩魚の良型に数多く逢え大満足であった。 下降路の登り降りで足を踏ん張ったり、岩場の多い場所の遡行で珍しく少々足に来たが、気持ちよく帰路に着く。 

2010年8月 5日 (木)

奥多摩支流釣行記 0804

20100804_kesiki_3 小川谷とカロー谷の出合い付近に車を停め、橋の上流を林道を歩きながら様子を見るが、平瀬が多く魅力を感じなかったので、日原川のカニ沢出合い付近へ行く。 途中、補虫網を持って蝶を追っている人を見かける。
支度をしていると背中にチクッと痛みを感じ手をやると、蜂のような物が飛んでいきスズメバチじゃないだろうなと周りを見渡すと、アブのような物が飛んでいたので、多分これかなと一安心し川へ降りる。 下降路の下流側に先行者が見えたので、上流側から釣行開始。 水量はまだ大分多かったが、岸辺や瀬の中の大石の周りに好ポイントが多く魚影も比較的濃かった。

20100804_iwanap_3 20100804_iwana_3  落ち込み脇の大石周りに出来た巻き返しと、それに続く瀬脇を探っていると、目印が引きこまれ良い手ごたえが伝わってくる。 オ!来たなとやりとりし慎重に瀬芯を潜らせ引き抜いてみると、このエリアでは今までで一番良型の8寸クラスのピンシャンの岩魚であった。 今日の釣果にはこれでほぼ満足したので、川辺の大石の上に座り込んで昼食とする。

20100804_yamame午後にかけて、4~5寸クラスのピンシャンヤマメと岩魚が、チョウチン仕掛けで探った木の枝に覆われたポイント等から飽きない程度に姿を見せてくれ、猛暑の予報に関わらず木陰に囲まれた渓で、快適な一日を過ごすことが出来た。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »