2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 日原川釣行記 0723 | トップページ | 奥多摩支流釣行記 0804 »

2010年7月29日 (木)

丹波川支流釣行記 0728

涼しい所で釣りがしたく泉水谷へ、林道ゲート前の駐車スペースは夏休みとあってか満車で、テントも張られていた。 通行の邪魔にならない所へ車を停め、支度をしている間にも2台の車が入ってきた。

20100728_kesiki2 本流出会いの少し上流に入渓し、梅雨の影響はどうかなと遡行を開始。 山肌に囲まれた狭間を抜けた少し先で、大木が川幅一杯に倒れていた。 その少し先の、平水時でも渡渉に難儀する落差のある落ち込みは、増水で流れが強く川通しは一寸ヤバそう、対岸の岩場に回ってみるが岩肌が濡れていて足場が悪そう。 どうしようかと考えていると、一寸離れた所へ小石ではあるが山の上から落石があり、無理は禁物と下流へ釣り下ることにする。

20100728_kesiki1落ち込みに続く瀬で4寸程とチビの岩魚が姿を見せる。 大石の連なる大小の落ち込みのある良さそうなポイントでは、生物反応は全く無かった。
狭間を抜けた所の流れが岩にぶつかるポイントでは、4寸程のヤマメとチビ岩魚が姿を見せた。 ここで、のんびりと昼食とする。 この時期、キュウリの味噌を付けての丸かじりと、自家製のラッキョウの酢漬けが美味。

さらに釣り下り、日当たりの良い場所は通り過ぎようかなと思うが、一寸竿を出してみると結構魚影が濃そうなので少し探ってみる。 予想通り、ポンポンとチビであるがヤマメと岩魚が飛び出してくる。 その内、石に囲まれた落ち込みで、魚信に続き良い手ごたえが伝わってきて瀬を走り回られるが、タモに収めてみると7寸クラスの一寸色白の岩魚であった。

20100728_iwanap 20100728_iwana 炎天下に余り長くいて暑気当りを起こしてもいけないので、これを機にさらに下流の木陰のある場所へ移動。 本流との出会いまで遡行してみるが、チビヤマメが姿を見せただけであった。 目まいブヨが煩く、目に入った奴もいて途中、川で目を洗う。                              

20100728_tyou川辺に腰をおろしてコーヒーブレイクをしていると、傍らの石に綺麗な蝶がきて色違いの2匹が戯れていた。 写真を撮ろうと立ち上がったら逃げてしまい、後からまた来た一匹のみ写真に撮る。 その後、先程のポイントが日陰になったので再度探ってみるが、チビばかりなので納竿とする。                                        

« 日原川釣行記 0723 | トップページ | 奥多摩支流釣行記 0804 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹波川支流釣行記 0728:

« 日原川釣行記 0723 | トップページ | 奥多摩支流釣行記 0804 »