2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 丹波川釣行記 0618 | トップページ | 丹波川ドライブメインの釣行 0630 »

2010年6月26日 (土)

奥多摩釣行記 0625

朝の3時半から始まったサッカーワールドカップ決勝リーグ進出を懸けた日本-デンマークの試合を、テレビで観戦・応援していた長男家族の歓声で寝不足気味であったが、日本が3-1で勝ち決勝リーグ進出を決めたと聞き気分良く釣りに出掛ける。

20100625_kesiki02 20100625_kesiki01 久しぶりに伊勢橋の上流へ行って見る。 橋際の駐車スペースには先行車が居たので、少し上流へ車を停める。 予報では暑くなるとの事だったのでウェーダーを履くのは止め、夏場支度のウェーディングシューズとスパッツのいでたちで川へ降りる。 水量が落ち着いていて渡渉が出来そうなので、何時もは余り行かない下降路の下流側へ行って見ることにする。
20100625_iwana大小の落ち込みが続き時折、岩陰に逃げ込む魚影も見え期待を膨らませて遡行をする。 岸辺の巻き返しと落ち込みの巻き返しで、小型であるがピンシャンの岩魚が姿を見せる。 天気も良く周りの景色も綺麗で気持ちよく遡行を続けるが、その後は魚信が遠のいた。 一旦、下降路まで戻り見通しの良い(昨年、熊とのニアミスがあったので)木陰を選んで昼食とする。

午後は周りに気を配りながら下降路の上流側へ遡行してみるが、全く生物反応が無かった。
復路は、河原と斜面に蕗のいいのが沢山出ていたので、竿をたたみ収穫をしてくる。
車へ戻ってからマイポイントの下流へ移動し、成魚(マスだが)の手ごたえとコーヒータイムを楽しんでから納竿とする。

« 丹波川釣行記 0618 | トップページ | 丹波川ドライブメインの釣行 0630 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩釣行記 0625:

« 丹波川釣行記 0618 | トップページ | 丹波川ドライブメインの釣行 0630 »