2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 奥多摩釣行記 0430 | トップページ | 奥多摩釣行記 0507 »

2010年5月 5日 (水)

山菜ハイキング part3

今季3回目の山菜採りに出掛ける。 前回は左足の腿の付け根が痛くなったので、今回は太ももにサポーターをしていく。
今日は山ウドの収穫がメインなので、一気に林道を奥まで登る(前回落とした傘は見つからなかった)。 前回は数が少なく顔を出していても成長が今一であったが、今回は丁度タイミングが良く、途中の第一ポイントにあった2本&近くの新しいポイントの分を合わせ、10本位の収穫が出来た。
一寸下った場所のミズナも今回は大分成長していて、それなりの量が収穫できた(帰ってからミズナの下ごしらえをしていたかみさんが、茎の色の違いから似ている他の物が混じっているのを見つけ、今後のために良く見比べながら学習をしておく)。
時計を見ると、天気予報では暑くなりそうとの事で朝早く出掛け、まだ時間が早かったので見晴らし台まで下り昼食とする事にする。
午後はヤマミツバ、イタドリ、ハナイカダの美味しそうな物だけ採りながら下る。心配した足の痛みは、サポーターしていたのと、下りは少し膝を曲げ・腰を落とし気味に歩いてきたのが効果があったのか、殆ど出なくて助かった(もっとも、ウドを採るときは欲が先行し、痛みの事などすっかり忘れて崖を昇り降りしていたが!)。
ウドは夕食で酢味噌にして食べたが、茎全体が柔らかくて旬の味と香りが楽しめた。

今回はウドを採るのが主体で、他はついでにとの事であったので周りを見回す余裕があったか、今までに見たことの無い山野草や樹木(写真)を見つける事が出来、収穫以外の楽しみも味わうことが出来た一日であった

Rin01 ヤマシャクヤク>
山野草の本によると、花をつけているのは3、4日との事で、見ることが出来たのが大変にラッキーであった。 心が洗われる綺麗さであった! 昼食を食べた見晴らし台の近くで見つける。



Rin01_2 <シロバナエンレイソウ>

ミズナのポイントの近くに咲いていた。

                                                                                                                   

Rin20100505s <ウワミズザクラ>

サラシナショウマのような白い花を一面につけた樹木。
ネットで調べたら、季節の木のhpに写真が載っていた。


                                                                 
 

« 奥多摩釣行記 0430 | トップページ | 奥多摩釣行記 0507 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山菜ハイキング part3:

« 奥多摩釣行記 0430 | トップページ | 奥多摩釣行記 0507 »