2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 奥多摩釣行記 0507 | トップページ | 山菜ハイキング part4 0607 »

2010年5月18日 (火)

奥多摩釣行記 0517

奥多摩支流下流域とホームエリアへ釣行。 この流域は、解禁して暫くするとマスが釣れる割合が多くなるが、今回はヤマメ・イワナもそれなりに釣れ楽しめた釣行であった。

20100517_point1 対岸の落ち込みでマスが上がった後、川が大きくカーブする手前の渕へ到着。途中で先行者とすれ違ったのでどうかなと思うが、最初に5寸位のイワナが上がってくる。 暫くして次の魚信がありマスとは違う感じの引きなので、期待をしてやり取りし引きぬいてみると、7寸程のヤマメであった。 結構、いそうだな~とさらに探ってみると、何回か目印に変化があるが乗ってこず、これはマスだなと粘ってみると7寸クラスのマスであった。

20100517_yamame1_320100517_iwana1_4ヤマメ・イワナ・マスが揃って同じポイントで釣れたのは初めてで、こんなこともあるんだな~と感心する。 さすがにこの後は魚信が遠のいたので、近くの大岩に腰かけ晴天の青空を眺めながら昼食とする。 さて午後の部と準備をしていたら、先程すれ違った釣り人が戻ってきて行こうと思っていた下流へ行ってしまい、仕方がないのでホームエリアへ行くことにする。 ま!これが幸いしてかホームエリアでいい思いをする事が出来たが。

ホームエリアに先行者は居なかった。 下降路の上流の深瀬でマスが上がった後、魚信が遠のいたが暫くして、落ち込みの大きな巻き返しで午前中のポイントに続き又もや、ヤマメ→マス→イワナが上がってくる。 こんな事もあるんだな~と再度、ニンマリ

20100517_masu2_3 20100517_iwana2_3 20100517_point2_5     20100517_yamame2_3

 

                                                                                                                                                                                                                                                               

その後、少し上流の落ち込みの巻き返しで、ヤマメでは今日一の7~8寸クラスが上がる。 午前中に同じ位の奴をバラシテいたので、リベンジが出来たような気分になる。 さらに落ち込みの開きで魚信があり、これもイワナでは今日一の7寸越えが上がる。 イワナは腹の斑点が橙色(日光イワナ?)の物と、白色だけの物の2種類が混ざっていた。 ここで、十二分に満足したので納竿とする。

20100517_point3y 20100517_yamame3 20100517_point3i 20100517_iwana3

 

     

 

« 奥多摩釣行記 0507 | トップページ | 山菜ハイキング part4 0607 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩釣行記 0517:

« 奥多摩釣行記 0507 | トップページ | 山菜ハイキング part4 0607 »