2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 日原川釣行記 (2008-7-30) | トップページ | 丹波川釣行記 & バーベキュー »

2008年8月 9日 (土)

奥多摩支流釣行記 (2008-8-8)

涼しい中で釣りが出来る所という事で、小川谷のカロー谷出合いの上流へ向かう。 カロー谷出合いに着いて川の様子を覗いてみると、日陰にはなっているが薄暗く何となく不気味な感じがし、先行車も一台居たので少し戻り水道局の施設の脇から入渓する。 前に来た時には川への下降路の下流へは行かなかったので、今回はまずは下流へ行ってみる。数箇所落ち込みの良さそうなポイントが見つかり、さらに下ると小川の大滝まで来たので、ここから釣り上る事にする。落ち込みの良さそうなポイントを中心に小場所も丁寧に探って行くが、魚信は数回あったのみで姿を見せたのも、イワナの手の指サイズであった。 前回の時も魚信は殆ど無かったので、ま!こんな物かなと下降路まで戻ったので昼食とする。

午後の部は下降路の上流へ行ってみる。 こちらも前回は一寸の距離しか行ってないので、今回は行ける所まで探っていく事にする。 平瀬が殆どであったが時折、落ち込みの良さそうなポイントがあり期待を持って探って行くが、こっち方面もチビのような魚信が2~3回あっただけであった。 水深は余り無いので遡行は楽で、この分ならカロー谷出合い迄行けるかなと思うが、もう一寸のところで両岸が大岩で囲まれた水深のある落ち込みに行く手を阻まれてしまう。 途中、林道に上がれるような場所も無かったので、入渓した場所まで川通しで戻る。 コーヒーブレイクをしてから、まだ時間も早いので大沢国際釣り場の上流へ行ってみる事にする。

こちらの水量は平時に比べてまだ大分多く、白泡の立っている流れが目立った。 ニジの好ポイントは昨年の台風の大雨の影響で潰れてしまったが、僅かに残っている大岩際の弛みを探ってみると魚信があり、今日初めての良型の手応えが伝わってくる。 白泡渦巻く瀬に逃げ込まれないようにやり取りし、慎重に岩の上に抜きあげてみると、8寸クラスのニジであった。本命ではなかったが魚の姿を見たので一安心し、上流へも行ってみると瀬脇のC流で魚信があり、先程と同じ位のサイズのニジが上がってくる。 少し間を置いてから同じポイントでまた魚信があり、少し粘ってみるが再度の魚信は無く本命だったかなと思うが、時計を見ると16:30を回っていたので此処で納竿とする。

« 日原川釣行記 (2008-7-30) | トップページ | 丹波川釣行記 & バーベキュー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩支流釣行記 (2008-8-8):

« 日原川釣行記 (2008-7-30) | トップページ | 丹波川釣行記 & バーベキュー »