2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 奥多摩本流 | トップページ | 奥多摩本流 »

2006年10月25日 (水)

奥多摩本流

雨後の釣果を期待して御岳へ出掛けるが、水量は平時より少ない感じであった。 そのお陰で、マイポイントは久し振りに釣りが出来るコンディションであったが、先行者が居たので後でやることにし一回り探ってくることにする。
0610251流れの緩やかな瀬を探っていると目印が引き込まれ、合わせをすると手応えは無かったがエサは取られていて、チビではなさそうな感じなので同じ筋を再度トライしてみる。 何投目かに魚信があり、いい手応えが伝わってくる。
0610252流芯に逃げ込まれないようにやり取りし、タモに収めてみると8寸クラスの体高のあるマスであった。 その後、何箇所か探ってみるがチビしか来なく、マイポイントへ向かう。
0610253釣り人は居なかったが、少し離れた場所で外国人と一緒に水難救助訓練をしているグループが居たが、釣りには影響なさそうなので早速始める。 暫く探っていると、何となく目印の動きが変化する筋があるので、何回か流していると目印が引き込まれ合わせをすると乗ってきた。 動きが鈍ってから場所を移動してタモに収めてみると、8寸クラスの野生化したマスであった。 その後、暫くして同じ位の型のマスがもう一尾上がり、さすがマイポイントだな~と満足し納竿とする。 

« 奥多摩本流 | トップページ | 奥多摩本流 »

コメント

水難訓練???
でも大事だよね。昔 小学校の頃
突然夜中に一人で地震用の避難訓練したことあるんですよ。ちゃんと防災頭巾かぶって
出口の確保、そして机の下へ。知ってました?

syさん、こんにちわ。
子供の頃に、独自に避難訓練をしていたとは(・o・)。
微笑ましい姿が目に浮かびます。
きっと、何かの機会に役に立つことと思いますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩本流:

« 奥多摩本流 | トップページ | 奥多摩本流 »