2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 日原川 | トップページ | 奥多摩本流(10/4) »

2006年9月29日 (金)

丹波川

いよいよ今シーズン最後のヤマメ、イワナの釣行、前回釣果に恵まれた丹波川へ出掛ける。

06092910609292現地に着くまで小雨が降っていたが、支度をして川へ降り仕掛けの準備を終えたら青空が覗いて来た。 大分減水していたが前回、探れなかったポイントにも竿が届くようになり、期待を込めて釣行を開始。

06092930609294最初の内はチビヤマメが姿を見せていたが、川へ立ち込んで大石に挟まれた巻き返しを探っていると、魚信があり良い手応えが伝わってくるが、やり取りをしている最中にバレテしまう。 他のポイントを暫く探りながら時間を置いて再度、仕掛けを流すと魚信があり、動きに合わせながらジックリやり取りしタモに取り込んでみると、7寸クラスのイワナであった。
昼食を済ませたあと前回、川通しが出来ず行けなかった下流へ行ってみる。 山の斜面が結構崩れた場所があり、瓦礫が大分積み重なっていて直ぐに通らずとなってしまい、上がってきたのもチビイワナだけであった。 他の釣り人も入ってき、時計をみるとまだ14:30なので、奥多摩のホームエリアに行ってみることにする。

06092950609296駐車スペースに車はなかったが、川へ降りてみると一人先行者がいた。 上流へ向かうようだったので、承諾を得て下流へ向かう。 最初のポイントの石際で目印に変化があったので再度、流してみると魚信があり7寸を越えるサイズのイワナが上がる。

06092970609298次のポイントでは数投目に魚信があり、5寸クラスのピンシャンのヤマメが上がって来る。 ヤマメ・イワナのそれなりのサイズに両方共に逢えたので納竿とする。
今シーズン、大いに楽しませてもらった自然と渓の恵みに感謝し、小さいながらも釣趣を盛り上げてくれたリリースサイズ(7寸未満としている)には、来季の再会を楽しみにしてるよ~と、川をあとにする。
(今後は、年内一杯出来る奥多摩本流のマス釣りを、楽しもうかな~と思っている)


« 日原川 | トップページ | 奥多摩本流(10/4) »

コメント

kent 様
ヤマメとイワナ釣りを十分に楽しませて頂きました。感謝。これからはキノコ狩りの記事を期待しております。

楽しんでるようですねー♪
こっちも暖かくなって桜やお花が満開で
気分がいいですよー・
でもオゾンフォールも全開なので紫外線には注意が必要です。
釣りをするんでも”承諾を得て”なんてルールがあるんだね。

ぼくあずさ様
キノコ狩りは残念ながら、判別に自信がないのでやっていません。
何年か前に、キノコ研究所主催の「各々が採ってきたキノコを判別してくれる」というイベントに参加しましたが、殆どが毒キノコという結果でした。

syさま
過ごしよい季節になってきたようで、楽しみですね!

渓流釣りの場合、先行している人を追い越したり、前方に割り込んだり(頭をはねるという)する事はしない、のが一般的なマナーとなっています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹波川:

« 日原川 | トップページ | 奥多摩本流(10/4) »