2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 倉沢谷 | トップページ | 日原川 »

2006年9月16日 (土)

丹波川(9/15)

秋の長雨の合間をぬって出かける。 行き先は丹波川三条河原、所が林道ゲート前の駐車スペースには休日かと見まがうような車の台数、これじゃあ駄目だ~と来る途中の駐車スペースに車の居なかった羽根戸トンネル付近へ向かう。 川へ降りてみると、降口の下流側へは増水で川通しが出来そうもないので、岩場を伝いながら上流へ行ってみる。 最初の大岩際の巻き返しで、5寸程のイワナとチビヤマメが数尾上がる。 直ぐ近くの落ち込みに続く瀬では、何と鮎が上がってきた。
06091510609152_10609153

次の一寸した落ち込みの白泡の消える辺りを探っていると魚信があり、手応えはチビではなさそう。 下流へ走り始めたので竿を絞りタモを腰から外し取り込みに掛かるが、なかなか水面に浮いてこないので、それならと竿にテンションを掛けた途端に針外れ。 グヤシ~!と、諦めきれずバレテしまった瀬の少し上流の沈み石の周りを探ってみると魚信があり、今度は走り回る相手の動きに逆らわず慎重にやり取りし、水面に浮かせて弱らせてからタモに収めてみると、8寸クラスの体高のある腹の黄色い居着きものと思われる綺麗なイワナであった。 先程、バラシたのと同じ奴かどうかは判らないが、リベンジを果たしたようで気分は爽快であった。
06091540609155
午後の部の最初は、大岩の下流に出来た巻き返しから開始。  一投目から魚信があり、頭上の木の枝に気をつけながら場所を移動して取り込むと、7寸クラスのヤマメであった。 大場所なのでさらに少し粘ってみると、7寸クラスのイワナとチビヤマメが数尾上がって来る。
060915606091570609158
次は、二つの流れが合流している深みのある瀬を探ってみる。最初はチビヤマメが連続したが錘を追加して底の方を探ってみると、7寸クラスのイワナと5寸クラスのヤマメがヒットする。
06091590609151006091511
今日は当初の目的地には行けなかったが、場所変更が幸いしイワナ・ヤマメに随分と逢うことが出来、(^_^)~な一日を過ごすことが出来た。

« 倉沢谷 | トップページ | 日原川 »

コメント

KENTさん、お久しぶりです。
すごい大漁ですねー。

私の方は、相変わらず、なかなか自然日記は更新出来ていませんが
しょうがないので、ちょっとベランダ菜園などしています。

それより、今、一大プロジェクトで「禁煙」中です(^-^;
日記も「禁煙日記」みたいになっちゃってます(^^;;

これからは、お山も気持ちのいい季節ですね。
行きたいなぁ~。

yakoさん
 ご無沙汰しています。 ベランダ菜園、禁煙と色々とチャレンジされていますね。
私も、厄年の時に3年位禁煙しましたが、背広のズボンが穿けなくなったり、花粉症になったり、糖がでるわ、と余り良いことがなく「言い訳です(^^ゞ)」その後、復活しています。
でも、yakoさんは頑張ってください~、応援してます(^_-)。
自然日記も楽しみにしてますね!

KENTさんも、禁煙経験者なんですね。
良い事がないと、禁煙もつまんないですよね。
私は、気のせいかもしれないけれど
顔がちょっとつやつやになったかなぁ・・・なんて。
後、車の中で、歌を歌うと、すごく声が出て気分がいいです。
頑張ります。応援よろしくでーす。

こんにちは。先日コメントしましたsakuhisaです。
すごいですね。釣果!先日私が猿を発見したのもこの辺です(羽根戸トンネル~丹波山トンネル)。
私もこの夏に、このポイントに行きましたが釣果は全然でした。しかしこのブログを見て触発されました。来週このポイントに再トライしようと思っています。
私は渓流釣りをはじめたばかりでまだへたくそですが雑誌で読んだゼロ釣法を試してみるつもりです。kentさんはちなみにエサは何を使っているのでしょうか。
・・・ちなみに私も偶然に今、禁煙中です(25日目)。しかし渓流での一服はたまらないですよね(笑)

sakuhisa様
こんにちわ、コメントありがとうございます。
今回は、雨後であった事と、人が余り入っていなかった事が幸いしたようです。ゼロ釣法で、良い釣果が得られるといいですね。
エサは、ブドウ虫、イクラ、川虫を使っています(川虫は、なかなか良いのが採れないので、使う機会が少ないですが)。
禁煙は、ホッと一休みする時、お酒を飲んだ時等が厳しいですね、頑張ってください!

こんにちは。
日曜日に行ってきました。
朝7時ごろから入りましたがすでに入渓者がいた模様。クモの巣が全然なく恥ずかしながら釣果は恥ずかしながら散々でした。他の釣り人と話をする機会があったのですがその方も「駄目だ!」とのこと。ちなみにその方は2年前ぐらいにここで52cmの岩魚をルアーで上げたことがあるそうです。いるんですね、そんな大きいの。奥多摩湖から溯上してきたやつとか・・。

私はこのポイントでは2連敗。さすがに今年はもう入れませんが来年は日の出とともに挑戦しようと思っています。

また来年何か面白い話があったら書き込み入れます。ありがとうございました。

sakuhisa 様
書き込み、ありがとうございました。
丹波川は、運に恵まれると良い思いが出来ますが、釣り人も多いせいか結構、厳しいものがあります。でも自然一杯の渓相に誘われ、通っています。
奥多摩湖遡上の大物にも、いつの日か逢いたいものですね。
今後もよろしくお願いします。

鮎なんてすごーーーーい!
大漁♪大漁♪

syさま
鮎はおまけでしたが、天然イワナの手応えが堪能出来ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹波川(9/15):

« 倉沢谷 | トップページ | 日原川 »