2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 避暑釣行 | トップページ | 小川谷 »

2006年8月18日 (金)

奥多摩支流

ようやく台風の影響の雨が上がったので、雨後の釣果を狙って出掛ける。 昨日、酒匂川でにわか雨による急な増水で、鮎釣りをしていた釣り人が濁流にのみ込まれた事故があったので、出掛ける先は行きつけのホームエリアとする。
0608181久し振りの晴天の下で、暑さを物とせずに釣行開始。 最初の淵ではチビイワナしか姿を見せず、次の大瀬に向かう。
0608182瀬の流芯や脇の流れの穏やかな所を探ってみるが、魚信が無いので石周りを狙うことにし、対岸の大岩の際に仕掛けを流すと魚信があり、合わせをするとかなり良い手応え、ニジかなと思いやり取りをしていると、見えてきた魚影はニジではなさそう。 でも、ヤマメではなさそうなのでもしかしたらと思うがタモに収めてみると、
0608183やはりイワナで8~9寸の上流から流れてきたと思われる、腹の黄色い居付物らしき奴であった。 イワナとしては今季一の良型に出会え、今日の釣果としては満足してしまった感じであった。
その後はチビしか来なくなったので昼食後、次のエリアへ向かう。
0608184まずはニジのポイントへ行ってみる。 大石の上流側の白泡の中と、下流側の弛みを狙ってみるが雨後の好条件にも恵まれ、
0608185白泡の下から3尾、弛みの中から1尾の8~9寸クラスのニジが上がる。 白泡の下から上がった一番大きい奴は最初、テンションを掛けすぎて糸切れしてしまったので、暫く間を置いた2回目に来た時は慎重にやり取りし十分に弱らせてから抜き上げる。
気持ちの良い晴天の下で十分に楽しめ、買い物と孫の保育園へのお迎えも頼まれていたので、何時もより早めに納竿とし帰路につく。

« 避暑釣行 | トップページ | 小川谷 »

コメント

 はじめまして。毎回楽しく拝見させていただいています。
 私はこの夏に渓流釣りをはじめたばかりで奥多摩方面には3、4回出かけました。
 今日は丹波川のお祭りのあたりでチビ山女を上げたあとに鹿を見ました。
 その後、丹波山トンネルの手前で先日岩魚を釣り損ねたポイントがあるのですがR411上からそのポイントをのぞいたら猿がそのポイントにいました。
 この支流は日原川でしょうか?日原方面は熊が出そうなので一度も行ったことがありません。ナイスな岩魚ですね。。

sakuhisa様
訪問とコメント、ありがとうございます。
丹波川方面も結構、野生動物を見かけますね。
奥多摩は、本流と日原方面へ出掛ける機会が多いです。日原方面は、今年は熊の出没が例年に比べ多いと聞いていますので、熊よけの鈴は必ず携帯していくようにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩支流:

« 避暑釣行 | トップページ | 小川谷 »