2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 奥多摩支流(4/28) | トップページ | 山菜hiking part2 »

2006年5月 8日 (月)

奥多摩支流(5/8)

出掛けるのが遅くなり、川へ降りてみるとやはり先行者がいて、話をしてみると7尾上げたとの事。 このエリアで7尾も上がったのではと少しヘコンでしまい、それが竿先にも伝わったか午前中は全く魚信が無かった。
朝から気に掛けていた昨日、NZに旅立った娘からの到着連絡が来たか家に携帯で確認し、午後から場所を変える。
瀬を何箇所か探ってみるが生物反応が無いので、今迄探ったことの無い、落ち込みの強い流れが岩にぶつかっているポイントを大岩の上から探ってみる。
これが大当たりで、7~8寸クラスを手始めに、締めは9寸クラスと全部で5尾のニジが上がる。 大岩の上からだったので、9寸クラスが掛かったときはタモが使えないので、抜きあがるかひやひやしたが十分に空気を吸わせて弱らせてから、竿の弾力を使いゆっくり引っ張り上げる。
同じポイントでは、最初に一番大きいサイズが来るのが普通であるが、今回は最後に一番大物が上がり、こんな時もあるんだな~と気分よ~く!納竿する事が出来た。

0605081
流れが強いので探った事が無かったが、大当たりであったポイント。

0605082
最後に来た、今日一の9寸クラスの大物。

« 奥多摩支流(4/28) | トップページ | 山菜hiking part2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩支流(5/8):

« 奥多摩支流(4/28) | トップページ | 山菜hiking part2 »