2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 解禁準備 | トップページ | 春の訪れ »

2006年3月 6日 (月)

今季初釣行

予報では今日が雨で明日が晴れであったので、今季初釣行は明日を予定していたが、朝起きたら晴れていて新聞を見たら明日が曇りとなっていた。 車で出掛けるはずだったかみさんが予定を変更してくれたので、急遽支度をし奥多摩支流へ向かう。
途中で、今朝解凍に失敗したイクラと弁当、年券を購入し準備万端整ったと思うが、デジカメと免許証を忘れていた。 久し振りだからしょうがないかと気を取り直し、ホームエリアへ向かう。
支流の駐車スペースには全て車が止まっていて、解禁の翌日だからやむをえないなとホームエリアの駐車スペースに到着してみると、やはり2台の先行車がいた。 それではと放流はされていないが天然ヤマメがいるというスポットに行ってみるが、此処にも先行車がいて後追いでは釣果は期待出来そうに無いので、ホームエリアへ戻る。

川へ降りてみるとポイント毎に人がいたが最上流には人影が見えなかったので、途中にいた釣り人に一声かけてから川通しをして向かう。
はやる気持ちを鎮めながら待ちかねた一投目を振り込む! 魚影が走るのは見えていたがなかなか魚信が無かったが、暫くして待望の魚信があったが合わせが上手くいかず、敢え無くバラシ。 最初だからシャーナイか!と次の魚信はしっかりと合わせ、久し振りのやり取りの手ごたえを楽しんでからタモに取り込んでみると、8寸クラスのヤマメであった。
これで少し落ち着き、続けて7寸クラスのヤマメとニジ君を上げたところで昼食とする。
その後、小物しか来なく魚信も無くなって来たので下流へ向かう。 魚影が走るのは見えるのだがかなり探られた後のようで、チビニジが来ただけで下流の通らず迄来てしまう。
途中で顔見知りの地元のおじいさんと半年振りの歓談をする。 コーヒータイムで川の景色を楽しんでから、人もあまり見えなくなってきたので、のんびり折り返しの遡行をする。

先程、先行者がいて出来なかった一寸した淵を探っていると、目印が流れに逆らって動いたので合わせてみると7寸クラスのヤマメが上がって来る。 次に先程、魚影が見えたが魚信が無かった深瀬を再度探っていると、瀬尻で目印が引き込まれ合わせをすると結構強烈な引き、竿を伸されないように慎重にやり取りしタモに納めてみると、幅広の8~9寸クラスのヤマメであった。
これで初釣行としては十分に満足したので去年、沢山採れた御岳のフキのスポットへフキノトウが出ていないか見に行く。 まだ早いのか、フキノトウが出ない種類なのか全然姿が見えなかったので帰路に着く。

« 解禁準備 | トップページ | 春の訪れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今季初釣行:

« 解禁準備 | トップページ | 春の訪れ »