2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« | トップページ | お花見 »

2006年3月30日 (木)

奥多摩支流

朝方、結構寒かったのでどうかなと思うが出掛けてみる。 駐車スペースに先行車がいなかったので、よし!と気合を入れて遡行を始めるが予想した通り魚信は2度しか無く、一度は素早過ぎて合わせも出来ず、もう一度は一応乗った感じがし結構良型の魚影が見えたが、途端に下流へ走られ糸へのテンションが無くなり、吐き出されたと思われるエサがついたままの針だけが水面に浮いてきた。

昼食を済ませてから、行ったことの無い所をリサーチしてみる。 景色を写真に撮りながらのんびりと遡行してみるが、ここも魚信が1回あっただけで15:30頃には予報通り雪が降ってきてしまったので、急いで納竿し道へよじ登り車に戻る。

0603301_1歴史が感じられる吊り橋で、渡れるのかなと思っていると、二人一緒に渡っている人が見えた。

0603302_1
何かの動物を思わせる岩であった。

0603303_1
景観としては楽しめたが、出来れば釣り場には・・・・・無い物。


« | トップページ | お花見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩支流:

« | トップページ | お花見 »