2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ついに来た~ | トップページ | 唐招提寺展 »

2005年2月13日 (日)

電動糸鋸 初体験

仏像彫刻は、いよいよ基礎コースの最終作「不動明王」の制作にとりかかった。
今回は、今までの課題作と異なり本体の高さが30数cm、炎の光背は40cm近くある。
光背は、厚さ3cmの板から彫りだすことになり、炎の形の外形加工は電動糸鋸を使う事になった。
電動糸鋸を使うのは初めてなので、仏像教室の先生の持っているのを拝借し、使い方を教えてもらい挑戦をしてみた。
最初は、おっかなびっくりであったが段々とコツが分かってきて上手く行くようになり、3時間位掛かって仕上げる事が出来た。
教室の師範の方に、最初は何本か糸鋸の刃を折るものだが、これだけのサイズのもので一本しか折らなかったのは大したもんだと言われた。
自分でも、最初にしては上手く出来たな~と大満足であった。

本体の方も、これ位の大きさになると最初は数種のノミを使って荒彫りをするようなので、こちらも初体験となるが挑戦をしてみようと思っている。

« ついに来た~ | トップページ | 唐招提寺展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/161654/8058596

この記事へのトラックバック一覧です: 電動糸鋸 初体験:

« ついに来た~ | トップページ | 唐招提寺展 »