2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

2019年2月 7日 (木)

春から縁起がいいや~!!

Ff_201819a

FF中津川で

昨年の暮れから年初にかけて、恒例の大物賞のイベントが何週かに分けて行われていたが、幸運にもある週の一位になったそうで大物賞を頂いたscissors


内容は思ったより豪華でビックリeye ありがとうございましたsign03


こいつは春から縁起がいいや~notes





2019年1月 8日 (火)

2019 初釣り!

Dsc00046

初釣りは此処で


20190108_kesiki1 

足場の比較的乾いていた左岸噴水の下流で開始、 去年まで底に繁茂していた藻は殆どなくなっていた。


12チェイサー 満月で2019シーズン初ヒットsign01

20190108_masu1



クランクは、新戦力のMOCA SR-SS SM.ⅣをはじめとしたMOCAシリーズが活躍をしたsign01


全体的には正月休みのプレッシャーがまだ残っているのか、活性が今一の感じであったが、久しぶりに使った1.1メッシュが45~50cmクラスのデカマスを連れてきてくれ、初釣りを楽しむことが出来たsign03

20190108_masu2







ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 60SUL

リール: 12 カーディフ CI4+  C2000HGS

ライン: Armored S  0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB


ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 60UL

リール: 12 Vanquish  C2000HGS

ライン: Armored S   0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB


<ヒットルアー>


20190108_hitlure









2018年12月22日 (土)

大物記録更新! (12/21)

Dsc00046

今回は此処



Dsc00045


一年ぶりの訪問であるが、ネットのブログに書かれていたとおりアオミドロの藻が群生し、所々に油みたいなものが浮いていたりと、ポンドのコンディションは余り良い状態ではなかった。


過去に比較的釣果に恵まれている左岸の噴水ちょい下流側で始める。


12チェイサーの2投目で初ヒット!

Dsc00042



と幸先良いスタートであったが、その後はクランクを含めて時折の連チャンはあるものの、殆どは単発でポツポツの釣果。

おまけにスナップとリーダーの結束部が、一回は合わせ切れ、一回はキャスティング時にラインブレイクとルアーを2個ロストcoldsweats02


冴えない状態が続いていたが昼食後にドラマが待っていた。


新戦力のペレットペレットを試そうと少し遠投をしてフォールをさせていると、ラインが張ったので合わせをするとズシンとした手応えが伝わってくる。


ウン?でかいな!とリールを巻き始めると今までに味わったことの無い重さ!

その内にドラグ音と共に右へ左へと走り出す、今日は人が少なく空いていたので、暫く走らさせてからポンピングで取り込みを開始する!

腰に余り負担を掛けないようにの注意事項はすっかり忘れてファイトに熱中し、ようやく魚影の確認できる距離まで引き寄せるとデカイ!!

それからが大変でSULのロッドを使っていたので、寄せては走られ、寄せては走られを繰り返しさせられるが、ラインブレイクをしないように慎重にいなしながら手元に引き寄せネットインを試みる!

が、とても入りきる大きさで無いので、魚体の半分位入った所でネットを両手で持ち上げ陸に持ち上げる!


Dsc00047



丁度、例年通り大物賞のイベントが始まっているとの事なので、フロントに電話をし計測して貰うと、

Dsc00047_1

69.5cmであった、スタッフさんによると放流した内の最大サイズに近いとの事なので、入賞が期待できるかなsign03

自分にとっても釣りを始めてからの最大サイズの記録更新であるscissors

(お魚の体力消耗が激しく、こんなサイズは蘇生させてリリースしたことが無いのでスタッフさんにお願いするがなかなか蘇生せず心配したが、何回かに分けてやってくれ30分以上掛かってからようやく自力で泳ぎだしホッとする! ありがとうございましたhappy01

フックもガッチリと食い込んでいて外すのが大変で、手が傷だらけになったがcoldsweats01

完全に伸びきっていたeye 良くバレなかったもんだ!

Dsc00049



ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 60SUL

リール: 12 カーディフ CI4+  C2000HGS

ライン: Armored S  0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB


ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 60UL

リール: 12 Vanquish  C2000HGS

ライン: Armored S   0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB


<ヒットルアー>


Dsc00050







2018年12月 6日 (木)

浅川国際 part2 (12/5)

20181121_kesiki2


今回も此処へ、10:30~3時間で開始!

ポンドを覗いてみると今日も魚は浮き気味なので、12チェイサーの表層引きから表層用のクランクで探ってみる。

ヒットは時々してくるものの単発ばかりで連チャンが出来無いので、ライズを狙ってトップウオータプラグを投入してみるが、ルアーを弾くようなバイトがあるだけであった。


気分転換に、先日入手したバイブレーションでボトムを探ったり、豆ルアーを試したりしたが反応は芳しくなかった。



昼食を摂りながらポンドを眺めていると、虫を狙ってかライズをしているのが結構多い状態であった。


こんなコンディションでトップやスプーン等の表層引きで反応が無いなら、もしかしたらとイーグルプレイヤーMR F+ 茶ジェラートを投入してみると、これが正解で入れ食い状態で連チャンが続いたsign01


以前にFF中津川で同じようなコンディションで、トップや表層引きに反応が薄かったときに、イーグルプレイヤーMR F+ で10連チャン位したことがありそれを思い出した!


連チャンで気をよくしていたら好事魔多し!で、何連ちゃんか目にスナップとの結び目が合わせ切れをしてしまい、お気に入りの茶ジェラートをロスト~~coldsweats02

(ラッキーにも丁度、結構値引きしているネットショップがあったので、早速注文しておく!)






ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 60SUL

リール: 12 カーディフ CI4+  C2000HGS

ライン: Armored S  0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB


ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 60UL

リール: 12 Vanquish  C2000HGS

ライン: Armored S   0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB


<反応の良かったヒットルアー>

  イーグルプレイヤーMR F+  茶ジェラート

  春ピンジェラートや煎茶ジェラートへの反応は今一であった

  





2018年11月22日 (木)

復活釣行!!(11/21)

腰痛で4月から通院をし、6月中旬に手術・入院。 下旬に退院しハードコルセットをしながら通院とリハビリをしていたが、ようやく手術部分が9割方は回復しコルセットもソフトタイプに換えることが出来た。

釣りも管理釣り場で腰に負担が掛からないようにやる程度ならいいでしょう、とのお墨付きが出たので目出度く復活釣行へ出掛けるhappy01 


20181121_kesiki2

まずは体慣らしからと近場の浅川国際へ rvcardash


20181121_kesiki1

紅葉も結構見頃になっていたり、列車もその近くを時々走っていたので、新調したデジカメで写真を撮ったりしながら、のんびりとやることにする。



まずは、18Factorでレンジサーチから始めると表層付近での反応が良いので、カラー/セカンドイエローで表層引きをやってみるとこれが正解で、水面直下くらいでプチ連チャンを楽しむことが出来たsign01


スプーンでの反応が遠のいてからは、クランク/バービーSS カラーFM1で、魚はまだ浮き気味なので表層を続けて探ってみると、反応が戻り連チャンが出来た~!


20181121_masu1 



数釣りはある程度楽しめたので、新戦力を試してみることにする。
一つ目は、品不足でなかなか手に入らず、入荷情報の連絡待ちをしていてようやく入手した、ダブルクラッチ45F1のカラー/トッピングフード。
人気のカラーだけあってお魚の反応も良く、連チャンで入魂をすることが出来、戦力になりそうであるsign01


20181121_masu2



二つ目はデカミッツのラトル入り(カラー/クリア)。

最初にラトル無しタイプでやってみるとバイトはあるものの、フッキングしないケースが多かったが、ラトル入りに換えてみるとミスバイトが減り、プチ連チャンを楽しむことが出来、
これも戦力になりそうであるsign01


20181121_masu3



紅葉と列車の写真は、釣りをしながら列車の近づく音を聞いてから、釣りを中断してカメラを構えるパターンでの撮影なので、なかなか思ったような構図ではとれなかったが、何枚かはまずまずのが撮れた(かな)sign02


20181121_kesiki3 



20181121_kesiki5


20181121_kesiki4



お天気も良く気持ちの良い青空と紅葉の中で、久しぶりの釣りを楽しむことが出来たnotes




ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 60SUL

リール: 12 カーディフ CI4+  C2000HGS

ライン: Armored S  0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB

ロッド: トラウトワンエリアスペシャル 60UL

リール: 12 Vanquish  C2000HGS

ライン: Armored S   0.2号、    リーダー  : SVGナイロン 4LB


<ヒットルアー>

20181121_hitlure





2018年5月14日 (月)

山菜ウォーキングpart4

20180514_kesiki1


二回目の野イチゴ狩りへ rvcardash



20180514_sawa


野イチゴのポイントへ行く時に渡る沢は何時もは水が枯れているのだが、今回は数日前と昨夜の雨で増水!?し水が流れていた。


なので収穫担当の相方は長靴をはいて渡渉してから、登山靴に履き替えてポイントへ向かう。


20180514_y2


前回より採りごろに育ったのが結構あったようで、多くの量が収穫出来たと帰ってくるsign01


20180514_itigo


前回の分と合わせ十分な量が確保できたので当面必要な分のジャムを造り、後は冷凍保存をし暫くの間、あの甘酸っぱさとプチプチの食感をジャムにして楽しむ積りnotes




20180514_kesiki2


空に浮かぶ雲はすっかり夏を思わせるもので気持ちが良かったので、相方が収穫をしている間に駐車スペース近くで、

 

20180514_mituba1




ヤマミツバを摘んだり、山野草の写真を撮ったりして良い気分転換が出来た~note



20180514_f120180514_f220180514_f3

20180514_f420180514_f5
















2018年5月11日 (金)

山菜ウォーキング part3

20180511_kesiki1


野イチゴ狩りへ。



20180511_y1


今回も運転と収穫は相方が担当し、私は撮影班!


20180511_y3

結構頑張って上の方まで採りに行き、




20180511_itigo


2人で旬の味を楽しむのには、十分な量が収穫出来た~notes












2018年4月27日 (金)

山菜ウォーキングpart2

20180427_kesiki2


色々あってなかなか出掛けられなかった山菜ウォーキングpart2へ、今回は相方の運転でちょこっと行ってくる rvcardash



何時もと違うコースを歩いてみると、山ミツバの丁度良い育ち具合のが沢山あり、新たなポイントを見つける事が出来た!


20180427_mituba



昨年、ポイントを見つけておいたヤマウドは、今回は姿が見えなかったcoldsweats01



20180427_fuderindo 20180427_kogomeutugi



















2018年4月10日 (火)

山菜ハイキングpart1

20180409_kesiki2



4/9  今年の桜の満開は例年に比べ10日位早く、山並みも萌黄色に色づいて来たので、山菜ハイキングpart1も例年に比べ1週間位早めに出掛けてみる。


20180409_zenmai_2


ゼンマイは丁度採りごろで、何時ものポイントと新たに野イチゴを採っているポイント付近で結構な量が収穫出来た!







20180409_sansho

サンショも丁度良い時期で、何時ものポイントで新たな木も増えてきていて、思った以上の量が収穫出来た!






タラノメは、遅かったようで一番芽は既に採られてしまっていて、二番芽が少し手に入った程度であった。

何時も一番芽を収穫出来ていた秘密のポイントの奴は、樹高が伸びすぎてしまっていて手が届かず収穫出来ずgawk  新しいポイントを探さなくてはcoldsweats01



それ以外は、花筏、ヨモギ、イタドリを手に入れて来る。


例年のpart1で収穫して来ていた山菜は丁度採りごろで、早めに出掛けてみて良かった!

ただ、檜の花粉の飛散が最盛期であったためか、帰路では花粉症の症状が出てきてしまった~coldsweats01



山野草も丁度見頃の感じで、目を楽しませて呉れた!


20180409_sumire120180409_sumire220180409_sumire3_2










20180409_itirin_320180409_kikeman20180409_yamabuki_4













2018年4月 4日 (水)

今季初イワナ!

20180404_kesiki3


今シーズンまだお目にかかっていないイワナを探しに小菅の源流方面へ。


遡行を始めて直ぐに餌師が上流より下ってくる、話によるととても渋い状況で、居たとしてもチビばかりだったとの事。



人的プレッシャーを少しでも避けるために、周りの景色を眺めたり写真を撮ったりしながら、竿抜けしそうなポイントをジックリと探りながら釣り上がる。


20180404_kesiki1


状況はやはり厳しかったが、落ち込みに続く開きの大石に囲まれた瀬で、TS-39SPに今季初の6寸程のイワナがヒット!(写真は撮影時に逃走され撮れずcoldsweats01



そうこうしている内に最終ポイントの堰堤に到着。


20180404_kesiki2


20180404_iwanap


右岸側の緩やかな巻き返しにスプーンをフォールさせ、中央の流れの筋の脇をリフト&フォールでトレースするアクションで探ってみると、これが当りでイワナが連発し数釣りを楽しむ事が出来た~~happy01



20180404_iwana2


20180404_iwana3


20180404_iwana4


今日一サイズの8寸クラスのイワナsign03




20180404_iwana5


中には以前にネットのブログで見たことのある、尾鰭の片側をカットされた個体も居たが、
何を目的にやっているんだろうか?






<ヒットルアー>    TS-39SP、 DEVELOP SHELL 5g
             
                     
                                                          (フックはシングルバーブレス)




天気 : 晴れ   水温 : ℃ (H)   水質 : クリアー


ロッド  : ESNS-411UL

リール : 12Vanquish C2000HGS

ライン : シルバースレッド PEⅡ 0.4号、  リーダー: ナイロン 6LB














«奥多摩支流